コース案内

外国人留学生コース

はじめに:重要事項

お問い合わせはメールでの受付となります。
メールは日本語、英語、中国語、韓国語での受付となります。
お問い合わせの際は必ず住所、氏名(ともに英文表記)の記載をお願いします。

お問い合わせ用メールアドレス:overseas@yms.ne.jp

YMSについて

YMSは35年以上にわたり医学部一筋で指導を行っている日本の医学部専門の予備校です。予備校の町東京・代々木に校舎を構え、新宿や渋谷など日本語学校が多い地域からのアクセスも良く効率よく学ぶことができます。

合格実績

国際医療福祉大学 医学部
金 兌倫(Fairmont Preparatory Academy)
高卒コース

アメリカのパデュー大学に在学していた私にとって、医学部を目指そうと決意した時点で入試のハードルは非常に高く思えました。そんな時、YMSのことを知り市川先生との面談でYMS入学を決めました。医学部に進学できたのはまさに担当指導制があり、心から私のことを見守り生活指導までしていただいた市川先生のおかげだと思っています。大手予備校には見られない先生と学生との間に構築される緊密な関係によって学力の的確な判断、弱点の指摘、弱かった分野の攻略を個人指導していただきました。精神的な面でも多くの助言をいただき、公私ともに助けていただきました。多方面からの指導がYMSの特徴であり、私が合格した大きな理由です。

人が成長していく過程でいろいろな試練がありますが、私にとって朝早起きをすることと数学の問題を解くことはまさにMosesが聖人として清められるために砂漠で死ぬ寸前まで追い詰められた如く過酷な試練だったのではないかと今になって思っています。市川先生には医学部に進学するための心構えや、勉学に向かい合う態度まで手取り足取り指導していただきました。また、医のアートの授業によって実際の医療活動の感覚が養われたと同時に面接における自己主張の基盤を作ることができました。二次面接試験において非常に役に立ったと思っています。この授業がなくして二次面接突破はあり得なかったと思います。

合格を勝ち取ったのはYMSの学生個々の能力、学力の把握は言うまでもなく性格の判断や長短所の指摘まで行う徹底指導、まさに少人数制、担当指導制個々のレベルに合わせた徹底個人指導のたまものだと思っています。また、意識の高い仲間に囲まれての勉強は大手予備校には見られない仲間意識を育んでくれました。先生の指導は完ぺきに把握された医学校の状況判断を基礎としており、正確な判定を下していただき全く迷うことなく自分に合った志願校を決めることができました。これはまさにYMSの高いレベルと医学部一本槍の長い経験の集積によるものだと確信しています。

東京医科歯科大学 医学部
劉 文翰(台湾師範大学)
高卒コース

私は台湾からの医学部受験生です。日本に来た当初、私にとって一番重要かつ大変なことは中国語の知識を日本語で理解することでした。3科目中、2科目を選択しなければならない理科では、各科目ともかなり深くまで問われています。台湾では大学に入らないと学ばない単元も多く、日本では高校生が大学レベルの内容を学習していることに私はとても驚き、感心しました。YMSの授業は私にとても向いていました。先生方は丁寧に教えてくれ、用語を暗記するだけではなく、肝心な概念や観念もしっかり覚えることができました。

私が思うYMSの特徴は以下の2点だと思います。

1.YMSの校風は非常に国際的です。
毎年、日本と韓国、台湾との交流会が行われています。YMS生が実際に参加することができるので、外国の医学生とも交流ができ非常に勉強になります。交流会に参加して数日ではありますが、自分の視野が大きく広がりました。

2.二つ目はYMSの担任制度が素晴らしいことです。
私は一人で日本にやって来て、知り合いもいなく、本当に心細かったですが担任の先生のおかげで一気に楽になりました。こんなに親切で丁寧に手伝ってくれる予備校はYMSだけだろうと思います。私は感謝の気持ちで心がいっぱいです。

受験本番の当初は、良い結果が出ず落ち込んだ時もありましたが、YMSの皆さんにいつも応援してもらいました。期待を裏切らないようにと自分も粘り強く、諦めなかったことが良い結果に繋がったと思います。

YMSが要求する日本語力

YMSでは通常の授業、生徒指導などは全て日本語で行われます。それらについてくることができる十分な日本語能力が求められます。

ビザについて

YMSでは学生ビザの発行を行うことができません。
別途日本語学校に通うなど、ビザを取得したうえでYMSで授業を受ける事になります。昼は日本語学校、午後から夜はYMSで勉強するというプランが可能です。

学費

I. 昼間は日本語学校に通学する者に適用(5〜7限の授業を受講)

年間学費(税抜)
A 特待 1,066,000円
B 特待 873,500円
C 特待 653,500円
D 特待 600,000円

※判定基準:YMS入学試験、またはEJUの得点率により上記特待の学費が適用されます。
※A〜C特待の学費には季別講習会の受講料は含みません。
※個別指導は別途受講料が必要です。

II. Working holiday取得者で昼間の卒生授業を受講する者に適用
(1〜4限の受講)

年間学費(税抜)
A 特待 2,012,200円
B 特待 1,621,200円
C 特待 1,123,000円

※判定基準:YMS入学試験、またはEJUの得点率により上記特待の学費が適用されます。
※上記学費には季別講習会の受講料は含まれますが、選択授業の受講料は含みません。
※選択講座:1講座(全24回)86,400円(税抜)。
※個別指導は別途受講料が必要です。

別途日本語学校等に通われることを想定し、受講可能な時間帯が限定された内容です。
特別料金となっておりますので、中途での返金には応じられませんのでご了承ください。
日本の学生と同様フルタイムでの受講を希望される場合は上記学費は適用されません。

入学試験

希望があれば日本から入学試験の問題を郵送します。(無料)
期限以内に必ず解いて日本へ返送してください。(返送料本人負担)
採点し仮の合否を本人に連絡します。

試験科目:英語、数学、理科(物理、化学、生物から2科目)

判定基準
特待 YMS入学試験得点率 EJU得点率
A 特待 英語・数学合計48%、4科目合計48%以上の得点 69〜70%
B 特待 英語・数学合計58%、4科目合計58%以上の得点 71〜72%
C 特待 英語・数学合計63%、4科目合計63%以上の得点 73〜74%
D 特待 75%以上

※上記基準はあくまでも基準例であり、面接及びTOEFL iBT等の試験結果も参考に入学審査会議において決定されます。
訪日してYMSで受けたテストの結果が入学試験との結果と大きく異なる場合、YMS入学をお断りする場合もあります。

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

Top