保護者の方へ

ご存知の通り、医学部入試をめぐる状況は年々厳しさを増しています。
少子化の中、志望者が増加して、国公立・私立を問わず医学部の偏差値はみな極めて高く、難関校受験の対策が必要となっています。
しかし、医学部合格に必要なのは学力だけではありません。面接や小論文の試験を通じて医師としての適性も評価されます。これらの試験は点数化され、場合によっては学科試験よりも高い割合で合否に影響を与えます。
YMSは以前から小論文や面接試験の重要性に着目し、「医のアート」という授業の中で医師としての適性を高める教育を行ってきました。この点においてYMSは他の予備校に類をみない、ユニークな存在であるといえます。
もちろん学科試験も重要であり、YMSはその点でも質の高い教育を行っているという評価を頂いております。しかし学科と医のアートの両輪が揃ったとき、医学部合格の確率はきわめて高いものになるのです。

hogo_banner1 hogo_banner2
hogo_banner3 hogo_banner4

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

Top