講習・イベント

韓国・台湾 医学生交流会

「 海外の医学生と交流を深めよう 」

研修会の目的

今後、アジアの時代を先導しつつ、とりわけ医療面では共同作業を進めていくためにも両国との繋がりは大切です。YMSでは若き医療人たちのため、国際交流の場を積極的に設けています。シンポジウムや討論会(テュートリアル)を通して相互理解を深め、強い信頼のもと世界で活躍する医師を目指しましょう。

第5回 日台医学部国際交流会

第5回 日台医学部国際交流会

「日台医学部学生交流会」は日本と台湾両国間の医学部を中心とした国際化を担う若き学生たちが、隣人として相互理解を深めることで両国間の信頼を深め、医療面での大きな発展を将来に期待することを目標に2012年から始められました。交流会や学習会が開かれることで、共通の認識部分が確認し合えるとともに、異なる文化や社会背の相違を受けて一つの事業に対して日本と台湾で見方や考え方が異なる事も相互に理解し合えます。この事は同時にお互いが不足する部分を認識することに繋がり、さらに各々の研鑚を高める意欲を沸き立たせてくれるものと期待しています。

参加者
日本:医学部学生及び医学部受験生、高校生 台湾:中国医薬大学学生

〈今年度の予定〉
日時 スケジュール
8/22(月) 夕方の飛行機で日本→台北
8/23(火) 中国医薬大学及び中医薬博物館、大学病院見学
中国医薬大学の会議室で交流会
交流会終了後 懇親会
8/24(水) 国立台化学技術大学(看護学部)など見学
8/25(木) 午後の飛行機で台北→日本

第10回 高神大学医学部研修

韓国プサンにある高神(コシン)大学との交流は、2007年にYMSが発行する書籍『lattice』の取材をした時から始まります。この交流がきっかけとなり、毎年夏に行われる2泊3日の研修は今年10回目を迎えます。日韓の学生同士、学校同士のネットワークが広がるだけでなく、英語でのコミュニケーション能力を磨くことができます。また、産業医大の吉井千春教授のシンポジュームも予定しています。今年は特に高2・高3生の参加も希望します。高神大学から英語の終了証が発行されるので、調査書のアピールにもなりますよ!

参加者
日本:医学部学生及び医学部受験生 韓国:高神大学医学部学生

〈今年度の予定〉
日時 スケジュール
8/26(金) 成田空港 集合
午前中の飛行機で日本→プサン
高神大学によるプレゼンテーション
「開発発展途上国への医療貢献」
自己紹介・夕食
日韓交流:テュートリアル(1)
8/27(土) Lattice講義 YMS市川
昼食
日韓交流:テュートリアル(2)
夕食
表彰式、自由時間
8/28(日) 自由時間
午後の飛行機でプサン→帰国

第4回 慶熙大学韓医学研修

第4回 慶熙大学韓医学研修

韓国では、日本同様に西洋医学を施す医師もいますが、韓医学を6年学んだ韓医師もいます。慶煕大学には韓医学部と医学部の両方があり、東西協力病院の患者さんは自由に選択することができます。特に韓医学部は有名で、韓医学と言ったら慶煕大学と言ってもいいくらいです。YMSが企画する慶煕大学韓医学研修は、日本の医学部がどこもなしえていないやり方で日本に韓方(韓国の東洋医学)を広めたいと考えています。友人になれば英語力の向上とともに、長い年月をかけて韓医学の知識が深まります。韓医学と西洋医学を相互に教え合う一生の友人が作れたら最高でしょう!

参加者
日本:医学部学生 韓国:慶熙大学韓医学部学生

〈今年度の予定〉
日時 スケジュール
10/8(土) ※8月中にソウル着であれば研修に問題ありません
各自午前中の飛行機で日本→韓国(金浦空港)
自己紹介、オリエンテーション(慶熙のビデオ等)
YMS講義 KBS東医宝鑑
夕食:桑黄サムゲタン(明洞)
10/9(日) YMS講義 代表的日本人と韓国人
昼食:学生食堂
慶熙大生による韓医学講座
発表(チュートリアル)
夕食
総合発表会
10/10(月) 各自 韓医学の個人研究
各自 夕方の飛行機で韓国(金浦空港)→帰国

 

参加者を募集しています

興味のある方は電話もしくはメールでご連絡ください

電話:03(3370)0410
Mail
台湾研修:terayama@yms-medical.sakura.ne.jp
韓国研修:info@yms-medical.sakura.ne.jp

【お願い】メールでのご連絡の際は件名に参加を希望される研修名を記入ください

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

Top