講習・イベント

東海大学 編入試験対策

東海大学医学部一般編入試験とは・・・

4年制大学卒業もしくは2年以上在学、短大・専門学校卒業者に出願資格があります。募集人数は20名です。一次試験は適性試験と英語、二次試験は個人面接とプレゼンを行います。試験科目が少ないため受験生にとって心理的なハードルは低いですが、受験者が多く合格しにくい試験のため、しっかりとした対策が必要です。

YMSの「東海大学 編入試験対策」では過去問を徹底的に研究して組んだカリキュラム・テキストで、あなたを合格へと導きます。

開講スケジュール(全12回)

開講日
適性試験対策 14:15~15:45/英語試験対策 16:00~17:300
1回目 3月11日(土) 7回目 4月22日(土)
2回目 3月18日(土) 8回目 4月29日(土)
3回目 3月25日(土) 9回目 5月6日(土)
4回目 4月1日(土) 10回目 5月13日(土)
5回目 4月7日(金) 11回目 5月20日(土)
6回目 4月14日(金) 12回目 5月27日(土)

対策内容

【一次試験対策】 3月から5月にかけて、適性・英語試験対策を行います。
適性試験対策 英語試験対策
6つの出題分野から順番に取り上げ、演習していきます。特に数的処理などの理数的分野について重点的に行います。基礎から丁寧に解説し、最適な解き方や考え方を身につけていきます。
※適性試験対策の中で、面接に役立つ知識のまとめも行います。
出題傾向や難易度は毎年変化していますが、長文問題・文法問題・公衆衛生問題・理科系問題の分野から出題されることは変わりません。バランスよく対策していきましょう。
【二次試験対策】 一次試験合格者を対象にした、個人面接対策を行います。

志望動機や医療時事等よく問われる定番の質問から東海編入ならではの社会人向けの質問まで、様々な想定で対策を行います。
「二次試験対策」は「一次試験対策」の受講生の方も、再度お申込みが必要です。なお、「二次試験対策」のみの受講も可能です。

受講生からのメッセージ

編入試験 合格者  K・Kさん

講座はとても丁寧な内容で、担当の先生も親身になって相談に乗ってくれる方で、じっくり対策を練ることが出来ました。特に二次対策では、出題されるであろうテーマについてまとめると共に、先生と内容の確認しながらプレゼンの練習も行い、それを何度も繰り返すことで自信をつけることができました。この自信を手にすることができたのは、YMSの先生の熱心な指導のおかげです。

申込方法

まずはお電話にてYMSまでお問い合わせください。

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

Top