2023年度医学部入試合格体験談

2023年度医学部入試合格体験談

医学部合格おめでとう~合格者の声~

2023年度YMSの医学部合格実績や合格された先輩の合格体験記です。(国公立医学部・私立医学部 合格体験記)

2023年度入試 国公立大学医学部

東京医科歯科大学医学部 進学

東京医科歯科大学医学部 進学
I.F.さん(昭和女子大学附属昭和)

各受験校に対応した細かい対策やそのためのデータが豊富であることがYMSの強みだと思います。
面接などの雰囲気や注意点なども知ることができ、大きなアドバンテージになりました。
また、先生方のサポートが手厚いこともYMSの特長です。医学部受験に精通した先生方に必要な時はいつでもサポートをしていただける環境は他にはないと思います。

新潟大学医学部 進学

新潟大学医学部 進学
中野 咲笑さん(新潟明訓)

YMSで良かったと思う点は、医のアートの授業と熱心な担任の先生の指導です。受験生活をして、初めはぼんやりとしていた医師になりたいという思いを確かなものにし、付け焼き刃ではない知識を身に付けることができました。面談では試験日から逆算して勉強の予定を考え、毎週の面談で報告することで 計画性を持って勉強できました。良い参考書を教えてくださったり、模試の後に他の生徒に混じって解説していただいたこともあります。良い医療人になるための基本的資質や知識など、たくさんのことを教わりました。メンタルのコントロールが上手くいかない時に適切な声がけがあったことがとても大きかったと思います。

熊本大学医学部 進学

熊本大学医学部 進学
齋木 天斗さん(桐朋)

先生との距離が近く、すぐに質問できるのがYMSの良いところです。他の予備校と比べて二次対策が圧倒的に手厚いです。少人数なので話しかけやすくすぐにクラス全員と仲良くなれます。仲間と意見交換をしやすいのもありがたかったです。医のアートにしっかり取り組むと二次の面接がとても楽になることが分かりました。また、毎月ある私立医大別模試は本番さながらで大変役立ちました。

大阪公立大学医学部 進学

大阪公立大学医学部 進学
T.K.さん(筑波大学附属駒場)

YMSだからこそ自分にあった受験校選びができたと思います。他の予備校とは違い担任による厚いサポートや二次対策、生化学や高分子の範囲まで網羅されていたおかげで合格できたと思います。受験勉強を通して英語をしっかりやることが大事だと感じました。理系科目はしっかりついていけば問題ないです。頑張ってください。応援しています。

高知大学医学部 進学

高知大学医学部 進学
赤岩 佑海さん(桐朋)

同じクラスの仲間や先生方との距離が近いのはYMSの魅力だと思います。モチベーションが下がったときは、友達と話して気分転換できましたし、同じ境遇の話し相手がいることは心強かったです。また先生方に話しかけやすいので、質問や願書の添削など相談しやすいのは助かりました。特に担任の先生には、二次試験の前日にホテルでZOOMで面接対策をしてもらい、とても勇気をもらいました。

 

 

2023年度入試 私立大学医学部

順天堂大学医学部 進学

順天堂大学医学部 進学
瀬戸 佑菜さん(洗足学園)

YMSに通っていなければ合格はもらえなかったと思うので通って良かったと思っています!一次試験は通過できても面接はYMSの情報がなければ難しかったと思います。高校では医学部入試に関する情報がほとんどなく、YMSに通い始めて初めて聞くような情報がたくさんありました。また、受験校選びの際に自分の得意不得意をよく考えて担任の先生がアドバイスをして下さったことも合格することができた一因だと思います。担任の先生とすぐに連絡を取ることができ、面談や入試の準備、相談など1人1人にしっかり時間をとっていただけたのでとても心強かったです。私大医学部の1校1校の模試や対策講座があったこともとても良かったです。他では1校ずつ対策できることはあまりないので自分の志望校に絞って対策することができたことが良かったです。それぞれの大学の特徴も知ることができました。YMSに出会えてよかったです。
YMSに通う前は自分だけで出願校を考えたりしなければいけなかったので、大変でしたが、YMSに入って先生に相談することができ、自信をもって入試に挑むことができました。また、その人それぞれの状況もふまえて親身になって考えて下さったので良かったです。

順天堂大学医学部 進学

順天堂大学医学部 進学
T.R.さん(攻玉社)

YMSで良かったことは、頻繁に確認テストをすることで、復習する習慣が身に付いたことです。 週一回の面談で、面接対策などもバッチリになりました。担任の先生には親身になって、自分としっかりと向き合ってもらえました。面談をすることで、自分のことを分かってもらえて、より具体的に合格へ向けたサポートしてくれました。
医学部専門予備校なので、沢山の医学部関連の情報があり、毎度有用な情報を得られました。 授業が終わった後の時間にも、担任の先生から気にかけてもらっていて、自分のモチベーションの向上にもなりました。
一年間、手を抜かず、真面目に勉強をすることで、医学部合格に手が届きます。実際、私も一年前までは医学部合格は夢のような話でしたが、一年間、コツコツと努力したお陰で目標を達成できました。皆さんも、自分の目標を達成できるよう、自己を研鑽し、頑張ってください。

順天堂大学医学部 進学

順天堂大学医学部 進学
小島 果子さん(成蹊)

担任の先生の薦めで高校1年生の時から読書やボランティアなどを始め、受験年度生になる前までに「医のアート力」をつけることができました。YMSは医学部の情報が豊富で、担任の先生と面接の練習をできたことも自信になりました。また、解答速報のおかげで自分の不得意な分野を再確認できて次の試験に繋げられました。また校舎の雰囲気も学習意欲を掻き立てるもので、自習室に朝から晩まで勉強漬けの日々でも希望をもって過ごせました。落ち込んだ時は学友と互いに励まし合い、誰かが受かったときは自分のことのように喜びました。

順天堂大学医学部 進学

順天堂大学医学部 進学
K.R.さん(東京女学館)

私は夏からYMSに入り、留学後で入試までの時間がない中効率よく勉強に集中することができました。
YMSの良いところの一つは担任制度です。週一回の面談でその週の勉強の振り返りや様々な相談に乗っていただき、合格に向けて目標を見失うことなく勉強することができました。受験期は担任の先生に、お忙しい中個別で二次対策をしていただき、無事に二次試験に合格することができました。困ったことがあればいつでも相談に乗ってくださる先生がいることは、時間に追われている受験期間の中で本当に心強かったです。
YMSのもう一つの強みは二次対策です。直前二次対策講座では過去の面接の内容を詳しく教えていただき、それぞれの大学の傾向に合わせて集団討論を実際に練習をしたり、また、ボランティア活動等に関しても色々アドバイスをいただき、多岐にわたるYMSの二次対策は非常にためになる講座でした。このYMSの二次対策なしで合格を掴み取ることは難しかったと思います。
また、生徒間の距離の近さも魅力の一つです。私は高三の夏から入ったにも関わらず、すぐに溶け込むことができ、みんなで切磋琢磨して励まし合うYMSの雰囲気に助けられて合格に向かって勉強をすることができました。
現役で医学部に合格する助けをしてくださったYMSに心から感謝しています。

日本医科大学 進学

日本医科大学 進学
松田 丁 悠華さん(鷗友学園)

一緒に頑張る仲間がいて、担任の先生でなくてもどの先生も優しく質問対応してくださったり「最近どう?」という風に気軽に話しかけてくださったりしたおかげで精神的に支えられました。また、学校では得られない医学部受験の情報や二次対策のおかげで合格することが出来ました。 授業はどれもとても分かりやすかったです。現役が遅れがちな理科もYMSで力をつけることが出来ました。
~後輩へメッセージ~
高3本科のどの授業もとても分かりやすくて楽しかったです。 先生への質問、自習室の活用など授業以外でも YMSを存分に利用して頑張ってください!

日本医科大学 進学

日本医科大学 進学
T.R.さん(東京都市大学等々力)

担任との面談で自分の意見を発することや自分を客観的に見る練習ができて、勉強面で何が自分に足りないか分析することができました。医のアートの少人数のアクティブラーニングによって他予備校では無い同級生との繋がりをつくることができました。同期でありながら同じ道を目指す仲間ができたことでYMSに休日も自習しに行きたくなり、最後まで互いに協力して受験期を乗り越えることができました。
~後輩に向けたメッセージ~
常に強い意志をもって残りの時間を悔いがないよう先生に質問したり自習室を活用して勉強してください。応援してます!

日本医科大学 進学

日本医科大学 進学
S.K.さん(國學院大学久我山)

YMSでの1年間はとても良かったです。浪人期は1人で黙々と勉強するものだと思っていましたが、担任の先生と毎週話せたし、クラスの人とも休み時間話したり、他のクラスの人とも話したり、勉強のことについて考えたりなど楽しく過ごせました。YMSは大手大学予備校と違って、一人ひとりを見てくれるので、勉強をすぐサボってしまう自分にとって、とても良かったです。今まで数々の生徒を見てきた担任の先生が毎週ノートをチェックしてくれたり、医学部に入学した先輩のことを話してくださり、モチベーションの継続につながりました。
小論文を月1回くらい書き、それを直してもらえて、本番で小論文を書く時に自信をもって書けるようになりました。また、夏には面接を全てやる日があり、おかげで対策がバッチリできました。
大手予備校の中には、共通テストが終わって直前期になると相談すらなかなかできないところもありますが、テスト直前までどの先生にもきめ細かい指導をしていただきました。特に、日医試験の前日の夜に急遽お願いした英作文の添削をしていただき、注意点を指導していただいた石川先生には感謝しかありません。

昭和大学医学部 進学

昭和大学医学部 進学
吉澤 宏輝さん(世田谷学園)

私は1年間のYMSでの生活を通して勉強することが辛いとか苦しいと思ったことは一度もありませんでした。それは周囲の存在があったからこそだと思っています。特に週に1回の担任指導では、学習状況や模試の反省、二次試験対策をして少しずつ今抱えている悩みや欠点を潰していくこと担任と共に行ってきました。
また、少人数制クラスで進められるYMSのカリキュラムにより、自分と同レベルのライバルと切磋琢磨できる環境のもとで勉強できるので、自ずと向上心や克己心を持って勉学に励むことができました。YMSは先生と生徒の距離が近いので、授業に関する質問は勿論、担任以外の先生にも応援して頂きました。特に、自分が東邦の総合入試で二次不合格になったときに高橋先生に鼓舞して頂いた時はとても嬉しかったです。
YMSで勉強をしていく上で、「愚直な努力」を心がけてきました。朝7時から夜9時までYMSで授業を含めて勉強し、苦手分野・単元の克服は勿論、得意分野・単元を伸ばすことにも注力してきました。日々の努力が少しずつ模試の成績にも反映されていき、自他共に自分の成長を実感することができました。
直前期では未だに克服できていない部分があり、不安で押し潰されそうになりましたが、今までの「愚直な努力」を信じ最後まで諦めずに勉強した結果、12の受験大学のうち11校で一次合格(正規3校、補欠3校)を獲得することができました。自分にとってYMSでの1年間はかけがえのない財産となりました。

昭和大学医学部 進学

昭和大学医学部 進学
橋本 真さん(成城)

他予備校との違いは、二次対策が強い点だと思います。生徒と先生との距離感が近いだけでなく、信頼できる仲間に恵まれました。仲間は全員医学部受験生だから、意識高く受験勉強に打ち込めました。担任の先生はベテランで大学や受験に関する情報量が圧倒的に多かったです。授業で言うならば、物理と化学の選択講座は絶対受講するべきと思いました。

昭和大学医学部 進学

昭和大学医学部 進学
S.A.さん

月に1回行われる模試や週一回の復習テストがあることで、モチベーションを維持することができました。 また、担任指導のおかげで、4教科偏りなく勉強することができました。

国際医療福祉大学 進学

国際医療福祉大学 進学
T.Y.さん(長野日大)

生まれてから18年間長野で暮らしていたので、東京での一人暮らしと浪人生活の始まりには不安を抱えていましたが、通常授業がスタートしてからその不安は無くなり、寧ろ充実した浪人生活を送れました。YMSの良いところは生徒同士や先生方と話しやすい雰囲気な事です。分からない問題があればすぐ相談しやすく、勉強に疲れた頃には友人とリフレッシュする事ができる環境です。YMSだからこそ一年間勉強を苦痛と感じる事もなく続ける事ができました。今までの自分の生活を大きく変えて東京、YMSで浪人してよかったです。素晴らしい授業を提供してくださった先生方、相談に乗ってくれた事務の方、そして友人には感謝しかないです。一年間ありがとうございました。

東京医科大学 進学

東京医科大学 進学
I.M.さん(雙葉)

①YMSの推薦対策だったからこそ合格したと思える点
YMSの推薦対策講座では、学科・小論・面接どれも手厚い指導を受けることが出来ました。特に学科対策の教科ごとの冊子は、全て解くと大体の重要分野を網羅でき、当日も安心して試験に臨むことが出来ました。面接対策もYMSの先生方や東医の先輩方から直接アドバイスを頂くことが出来てとても心強かったです。
②先生のアドバイスでよかったこと・役立ったこと
物理のリードαまたはセミナーの基礎分野を1周すること。先輩に4STEPの重要問題のみやるととても良いといわれそれも行いました。おかげで数学満点だったので、先輩のアドバイスを直接頂けるのは本当にありがたかったです。
③後輩へのメッセージ
東医担当の先生と優しい先輩方と頑張れば必ず合格できます!

東京医科大学 進学

東京医科大学 進学
I.R.さん(城北)

①合格体験談
まず情報量が多くて助かりました。化学・物理・生物の3教科が範囲だったり何割取れば受かるのかなどの情報を知っている時点で他の受験生と差がつくと思います。また、東医の推薦を受けた先輩方が残してくれた過去問を入手できるのも相当有利になります。配られる冊子は何度も読みました。YMSの講座を受けたら、自分以上情報を知っている人はいない!と思うことが重要です。
②推薦講座で役立ったこと
全科目の先生が良かったと思うが特に生物の高橋先生の授業が良かったです。エネルギー効率の問題で使える知識などを教えてくださり、物理選択者からしたらかなり役立ちました。
③東医推薦を考えている後輩へのメッセージ
本番ではどれだけ余裕があるか、冷静でいられるかがとても重要です。考察系の問題もあるので焦ると解けないです。焦らないためには本番で起こりうる状況を想定しておく必要があります。分からない問題は何の科目から解くのかなどまた自信をつけておくことも重要です。私は生物基礎共テ対策7年分解いて自信をつけることが出来ました。

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
袴田 綾子さん(不二聖心女子学院)

担任指導と授業のおかげで自分に足りない部分に対して自分にあったやり方で埋めていくことができました。また受験校を選ぶ際、勉強だけでなく性格も含めて合った大学や情報を得ることができました。友達から聞いた感じ他の予備校に比べ、周りと関わることが多かったため、常に誰かがいて頑張ろうと思えました。自分より上のクラスや成績上位の人のマネをしたりと常にモチベーションを高く保つことができました。
どの先生も親しみやすく勉強のみならず話しやすかったです。
ボランティアなど勉強以外の経験を多くすることができて、面接でアピールしやすかったです。

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
島根 優華さん(日本女子大学附属)

①受験校の対策
女子医の推薦試験の1つである思考力試験はかなり内容が特殊なので、公務員用の問題集を1度解き、その後は苦手な部分を何度も繰り返していました。図形や確率、数列などは今までの数学の勉強も役立ちました。本番近くは通常授業は必要なものに出席し、そのころはとにかく思考力試験の勉強に充てて、解くスピードを上げることを目標にしていました。面接・小論文に対しては、ニュースに敏感になり情報収集をすること、今までの医のアートの授業の資料を振り返るなどを心掛けました。特に自分の志望理由や志望の科に関するニュースや知識、医療問題などを暇な時間に調べておくと本番で役立つと思います。
②YMSの担任指導について
弱い部分を補うために問題集や参考書などを探し、私の学習ペースに合うよう範囲や小テストを指定してくださるので、担任指導はとても有意義でした。自分1人でやるのは難しかったので、すぐに相談に乗ったり一緒にペースを作ってくださった先生には本当に感謝しています。
③合格体験談
YMSには医のアートやAU講座など、受験の二次対策としてはもちろんですが、医師を志す上で理解しておくべき歴史や知識、そして医師としての心構えが身につき今後に生きる授業が数多くあります。医師になる目的や覚悟も何も持っていなかった私ですが、YMSで過ごす2年間を通して沢山のことを学び苦しむ人々や医師になった自分が果たすべき役割を知り、何より「人を救いたい」と強く思うようになりました。「いい医者になろう。」を掲げ、生徒の内面を育ててくれるYMSの教育、熱い先生方のご指導のおかげだと思います。また、仲間と切磋琢磨しつつ互いを励ましあって努力できる環境も、YMSのポイントです。本当に大切な沢山の仲間と出会い、大変で辛くても、「みんながいるから私も頑張ろう」と毎日通っていました。苦手な教科を教えあったり、模試の成績で競ったり、「疲れたー」と言いながらみんなで和気あいあいと帰る夜の光景も大切な思い出です。
④メッセージ
YMSに通って本当に良かったと思っています。現役で希望の大学に推薦で合格できたのは、YMSで先生方に様々な指導を受け多くの仲間に出会って共に努力する環境があったからだと思います。2年間大変でしたがとても楽しかったです。ありがとうございました。YMSで勉強している皆さん、がんばってください!

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
F.Y.さん(土浦日本大学高等学校)

思考力テスト傾向を事前に知れて助かりました。 小論文の書き方と小グループ討論の進め方を教えていただき、練習で細かく指導していただいたのが合格に結びついたと思います。

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
K.S.さん(国府台女子学院)

友達がいることで、勉強方法や情報を交換でき、勉強のやる気やモチベーションに繋がったと思います。夏休みの面接対策講座や二次対策講座、面談での二次対策をする機会があり、少しは面接の時の緊張が減ったと思います。AU講座に参加したことで、面接で言う内容が濃くなり、人前で話すことやプレゼンテーションのようなものに慣れることが出来、そのことが面接にだけでなく大学生活にも繋がると思います。YMSでできた友人は受験が終わってからも遊びにいったりするような関係になり、学校で生活していると関わることが無かったような人と友達になれて、とても良い経験になりました。

東邦大学医学部 進学

東邦大学医学部 進学
村松 諒一さん(巣鴨)

①受験校の対策
自分より東邦大学について調べた人はいない、自分より努力をした人はいない、もし自分を落としたら誰を取るんだと思えるまで準備をしました。また、頼れるものはすべて頼ろうと思い、分からないことがあればどんな些細なことでもすぐに先生に質問をしに行きました。面接対策として担任の本田先生に毎週MMIの対策をして頂きました。直前期には共に東邦大学を受験する仲間たちと毎日集団討論の練習をしました。
②担任指導について/YMSの良かった点
物理化の本田先生が担任でした。毎週行われる面談では、勉強家生活のスケジュール管理にとどまらず、個別指導料を払わなくてもよいのかと思うほど、親身になって物理の指導もして頂きました。そのおかげもあり、4月に全くと言っていいほどできなかった物理の成績が大幅に上がりました。また、YMSの授業は医学部頻出の問題を授業内で何度も反復するので、確実に医学部に合格できる力を身に着けられると思います。頻繁に授業内小テストが行われることも知識の定着に役立ちました。
③合格体験談
今まで様々な予備校に通った私ですが、YMSほど分かりやすく、医学部受験に直結する授業は受けたことがありませんでした。私はYMSに入る前、全くと言っていいほど物理が出来ませんでした。全く物理が出来なかった私が出来るようになれたようにYMSで頑張れば必ず苦手科目が出来るようになると思います。YMSでなかったらここまで物理が楽しい、できるとは間違いなく思えなかったです。また、YMSには医学部受験には必要不可欠な情報がたくさんあります。以前在籍していた大手予備校も持っていなかったような情報をYMSではたくさん得ることが出来たことも合格に大きくつながったと思います。毎週行われる面談では担任の本田先生が効率の悪い我流の勉強法を随時修正してくださったことで、志望校合格のための最短ルートが分かり自信を持って勉強に取り組めました。どの先生や事務の方も気軽に相談や質問が出来て親身になって話を聞いてくださいます。なんでもすぐに相談することが出来たのでとても助かりました。苦しいこともつらいこともありましたがYMSに入って本当に良かったです。今までで最高の予備校でした。ありがとうございました。

東邦大学医学部 進学

東邦大学医学部 進学
高卒本科生

思うように勉強できなかったり、YMSの良さを最大限活用して過ごせなかったりと、理想とは程遠いYMSでの一年間でしたが、最後に合格掴めたのはYMSのもつ圧倒的な情報量だと思います。大学別の対策テキストと対策講座の内容を解き込んで、受けない大学のものも目を通したこと、1回1回の入る式で浮かび上がってきた確認不足の点を洗いざらい見直したことで1次通過できたと思います。そして、2次対策講座に真剣に取り組んで、その内容や自分が話したいことなどをまとめたノートと何度も直前まで確認したことで2次も通過できたのだと思います。それらの情報を信じて良かったです。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
木村 夏音さん(淑徳)

この1年間担任の真木先生が全て勉強スケジュールを組んでくださいました。私は4教科全て苦手だったのでYMSの予習復習をしっかりやった上で補填教材を指定して頂きやっていました。特に苦手な化学に関してはかなり色んな教材を1つ1つ完璧になるまで何周もし、10月の模試で高3時と比べ偏差値が20以上上がったことが印象的でした。また月に一度ある医大別模試はYMS生皆本番と同じくらいの緊張感で受け、また本書よりやや難であるため 試験慣れ出来、本番でいつも通りの力を発揮できると思います。またYMS最大の特徴である「医のアート」は週に一度あり勉強に疲れてきた時でも、この授業を受けると「また頑張ろう」と思え、1週間で一番好きな時間でした。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
A.K.さん

聖マリは推薦の過去問を手に入れることが難しく、特に自然科学総合問題は数学、物理、化学、生物が混合しているので何も知らないととても不安です。 しかし、過去に合格された方の実況中継やするべき対策などが明確だったので、それを参考にして、本番は自信をもって試験を受けられました。また、直前のプレテストも本番同様に行われるので、試験の流れを掴むことができました。

聖マリアンナ医科大学 進学

北里大学医学部 進学
I.Y.さん(東洋英和女学院)

YMSに入学し、有名な医師の講演会や医師という職業について考える機会が増えたことでより一層医師という職業に憧れを感じ、絶対に医学部に入りたいと思うようになりました。YMSは勉強面だけでなく、受験での戦い方や面接、将来についてまで担任の先生が一緒に考えて下さり本当に心強かったです!
また担任の先生から、夜に毎日必ず1日に学んだことをまとめるように言われ、最初は半信半疑だったのですが最終的にはそのノートを受験のぎりぎりまで見返すほどの安心材料になり本当に役に立ちました!推薦は、小論文、面接に臨むことが大切だと思います。学科では記述が多い(英作文を含む)ので今から推薦を考えている人は対策しておいた方がいいと思います!

埼玉医科大学 進学

埼玉医科大学 進学
小磯 弘典さん(秀明)

週1の医のアートで医者になるためのモチベーションがUPし、医者になる人なら知っているべき知識を得られたことが大きかったです。面接対策で全ての面接形式に触れられ、そこで書いた反省シートが本番で役立ちました。週1の面接で1週間の勉強を振り返ることができるところも魅力です。おかげで自分の勉強方法やテスト中の解き方も改善できました。

杏林大学医学部 進学

杏林大学医学部 進学
長澤 和葉さん(東洋英和女学院)

浪人生活は非常に暗く、辛いものだと思っていました。もう1年やって本当に受かるのか、もう1年耐えられるのか、そんな不安な気持ちでいっぱいでした。YMSで担任の牧野先生をはじめ多くの先生方や仲間と出会い、支えていただいたおかげで毎日楽しく勉強を進めることができ、無事合格することができました。特にYMSならではの担任制度に支えられました。週に1回の面談を通して、1週間の勉強目標や単語テスト、二次対策や願書の添削、心配なことや辛いことなど何でも相談できる環境があったことで、勉強面ではもちろん精神的にも支えていただきました。また、YMSで出会えた友達にも心から感謝しています。お互いに問題を出し合ったり、教え合ったり、雑談して笑い合ったりすることで、皆で高め合いとにかく楽しく勉強することができました。YMSのおかげで1年前の自分では想像もできなかったような非常に充実した1年間を過ごすことができました。関わってくださった方々、本当にありがとうございました。

杏林大学医学部 進学

杏林大学医学部 進学
大塚 梨世さん(能代市)

私は数学苦手でしたが、牧野先生が面談で解き方を丁寧に解説してくれたので、解ける問題が増えていき、嬉しかったです。「絶対受かるよ」と最後まで信じてくださり、自信をもって入試に臨めました。面談のたびに気持ちがリセットされ、モチベーションを保ったまま一年間勉強できたので 牧野先生が担任の先生でよかったです。
毎日16時に授業が終わるので自習時間がとれて、追いつめられるような精神的な苦しさもなく、一年間走りきれました。 YMSは集団授業ですが、指名されたときすぐ答えるように、生徒同士で質問しあったり、教えあったりするので、全員のモチベーションが高く、集中力が常に高まった状態で臨めるのが良いところです。また受かってもらいたいという先生方の熱意が伝わってきて、勉強に本気で向きあえる環境がありました。先生方、事務の先生方も、とても優しくしてくれて、居心地が良かったです。
二浪で不安があり、背水の陣で臨んだ受験でしたが、二次受験校すべて正規合格できて、本当に嬉しかったです。授業中のアドバイスや、夏の面接対策でいただいた先生方のご指導のおかげです。先生方を信じて本当によかったです。ありがとうございました。 普段の勉強に対する取り組み方は担任の先生のアドバイスに従うのが、合格への近道だと思います。 二次は、夏の面接対策や面談でやってもらえますので、「一次通過できれば、合格は目の前です!」 先生方を信じて自分を信じて頑張ってください。

東海大学医学部 進学

東海大学医学部 進学
竹居 愛理さん(筑波大学附属)

受験勉強を通して、目新しい参考書に手を出さず、YMSの先生のアドバイスに従うことが重要だと感じました。試験が終わったらすぐに丸つけをして、その単元が完ペキになるまで復習してから次の試験に臨みました。試験前は厳しすぎないルーティーンを決めて実践することで結果も出るようになりました。メンタルが安定しない時はむしろ家にいずに、YMSに行けばよいと思いました。佐野先生から驚くようなアドバイスや受験方法を教えていただくことができます。二次や出願のときに出す書類は思っている以上にしっかりと仕上げないといけないことを実感しました。学科試験に自信がない人こそAU講座を受講して二次試験の点数を上げるべきと思いました。他塾と違ってひとりひとりに担任の先生がつくのは本当に心強いです。自己流をやめて先生の言う通りにすることも大事だと痛感しました。ちなみに住まいは予備校から近いところに住むのがオススメです。

藤田医科大学 進学

藤田医科大学 進学
髙橋 紀勝さん(駒場東邦)

YMSは受験に必要なものが全て揃っている予備校です。浪人生活で一番大切なことは素直になることと、継続できる忍耐カでした。医学部に合格するには一次試験と二次試験のどちらの対策も完璧にしなければなりません。YMSには一次 試験に必要な大手予備校以上の授業と静かで大きな自習室があります。そして勉強を継続してできるためのサポートが充実しています。一年間つきっきりで受験当日まで勉強から面接まで見てくれる担任制度もありますが、一番大きなものは豊富なボランティア活動でした。医師と関わるボランティアはやはり経験すると日々の勉強に力が入るようになります。そしてその日々が直接二次試験の大きな武器になります。YMSで過ごした日々が自分の人生に大きな変化をくれるでしょう。多浪の仲間たちにこの言葉が届くと嬉しいです。

獨協医科大学 進学

獨協医科大学 進学
関本 大輔さん(開智)

指導熱心な先生達、良きライバルであり仲間でもある友人達に囲まれながら、1年間過ごせたことは自分にとって貴重なことでした。先生と生徒、そして生徒同士の距離がとても近く、全員が1つのチームとして医学部合格という目標に向かうことのできる予備校はYMSだけだと思います。現役時には分からなかったことを学べる楽しさを教えてくれたこと、切磋琢磨できる環境があること、医療や医師について深く学ぶ授業があることなどこの1年間は何もかもがとにかく新鮮でした。特に担任制度をしっかりと体現しているのはYMSが一番だと思います。多くの先生が人生における大先輩として尊敬できる人達であり、自分も担任の先生には勉強面のサポートはもちろんのこと、将来医師となり社会に貢献する人間として必要な様々な要素を教えていただきました。YMSに出会って全てが変わりました。本当にYMSには感謝しかありません。

獨協医科大学 進学

獨協医科大学 進学
浦澤 莉子さん(獨協埼玉)

担任の高橋先生と高1から獨協のための準備をしていたおかげで合格できたと思います。YMSで色々な経験をしたことで、試験の日も落ち着いて受験することができました。YMSでは、高1から受験までにやることと、いつやるかスケジュールを決めて対策することができたので本当に良かったと思います。たくさんの時間、面接対策や小論添削、相談にのってくださった高橋先生と授業以外でも勉強のサポートをしてくださった先生方に本当に感謝しています!

獨協医科大学 進学

獨協医科大学 進学
I.K.さん(巣鴨)

毎回個別で面談をして一人一人に合った勉強法を一緒に探していただいたのが助かりました。一ヶ月ごとのテストで自分の成長が目に見えて分かるから長い間努力し続けることができました。勉強法だけでなく大学の試験の特色や予想問題が的中することもあり、他の受験生より優位な状態で入試を受けられたのでYMSに通っていて良かったと思います。
二次試験では過去のYMS卒業生たちが残していったものを全て活用して対策をすることができ、どのような質問がされてもスラスラと言えるように面談や対策授業で指導していただきました。時々ある授業中の小テストも順位が出されるため毎回の復習をする習慣ができた点が自分の苦手な英語を克服するためにお昼休みに英単語の小テストを行ってくれたため短期間で何度も復習ができました。

日本大学医学部 進学

日本大学医学部 進学
Y.R.さん(白百合学園)

私は化学と数学が絶望的でスタートのクラスはSTでした。解法を丸暗記 しても考え方が理解できていないと最後まで成頼がのびないと改心して、数学は基礎からやり直し、化学はとにかく授業を聞いて質問をするようにしました。すると模試の成績が上がり、最終的に全科目がJK1のクラスになって自分でも驚きました。
合格のために重要だったと感じる点は3つあります。
1つ目は、「恥を捨てて基礎定着のためにレベルに合う問題集を使うこと」です。
難しい問題をこなすよりも、原理や考え方を学んでいったおかげで実践力として知識が身についたと思います。
2つ目は、「授業は一番前の席に座ること」です。
人はみな1番前の席を嫌がるが、板書が見えて質問ができて集中できる最前列を誰かに譲ることは、合格枠を譲る行為に等しいと思います。STクラスの頃から常に前に座っていて、同じくいつも隣にいた男子も一緒に順位とクラスを上げた経験からこれは間違いないです。
3つ目は、「不調や疲れたという理由でYMSを休まないこと」です。
一度休むと明日も行きたくなくなります。特にきつい試験期間中であっても、私はYMSに通い続け、担任や友達と顔を合わせたおかげで、ストレスに負けないメンタルがつくれたと思っています。一番前の席を他人にとられないためにも家を出てYMSにくるべきです。
最後にYMSで私が良かったと思うことは、周りの生徒が困難をともに乗り越える仲間として一生ものの宝になること、またYMSがコミュニティの基盤として縁をつなぎ、続けられることです。鉄緑会や駿台に通っていたことがあるが、常にライバルであり、または他人であり、受験は孤独だということが当たり前でした。しかしYMSは本当にお互いに感化しあえる塾で、精神面で助け合える温かいところに思えました。YMSの合格実績は、2次対策が強いだけでなく、相互的にはたらく向上心が後押ししているように思います。みんなでボランティアをしたり見学に行ったりすることができて、これが医師へのモチベに繋がりました。

日本大学医学部 進学

日本大学医学部 進学
荻野 寛子さん(共立女子)

YMSの良い点は勉強をする環境が整っていることです。同じ目標を持った人たちばかりなので、勉強をする雰囲気が常に内にあり、勉強と息抜きのメリハリをうまくつけることができました。最大の魅力は二次対策です。私が最後の最後に日本大学の2期で正規合格できたのは、二次対策のおかげだと思っています。YMSの二次対策は面接練習だけではありません。医師の方の講演会に参加したり、自分が興味のある分野に特化した病院に見学に行き、そこで働く医師の方の話を聞いたりなど、他の塾では中々出来ないであろう経験をしたことで、医師志望理由や理想の医師像をより明確にすることができ、本番でも自信を持って話すことができました。

帝京大学医学部 進学

帝京大学医学部 進学
I.T.さん(桐朋)

対面でかつ集団授業という所が良かったと思います。医者になるという同じ夢を持った友達を作ることができて、そしてその仲間と高めあうことができる環境にあったと思います。他には模試の上位成績者を受付に貼り出すことも効果的でした。同じ高3生なのにも関わらず、友達が貼り出されているのを見て、勉強のモチベーション維持に繋がっていました。最後に夏休みに開講されていた夏期特別講座「地獄」が合格に直結していると思います。「地獄」に参加して毎日7:30にYMSに来ることによって、その日1日を有意義に使うことができて学校がない夏休みをだらけることなく過ごせたし、何よりほぼ毎日出席し続けたことで英語力の向上だけでなく、自信にもつながりました。
後輩へメッセージ
高3最初にYMS聖マリ模試で偏差値40を取ってしまって、本当に医学部に入れるのかどうかとても不安でした。でも日が経つにつれて同じ夢を持つたくさんの友達が増えたり、担任の先生のサポートもあって成績がだんだん伸びて勉強するのがとても楽しくなりました。今、成績が伸び悩んでいたとしても、仲間と切磋琢磨して自分を信じて突き進んでいけば必ず結果は返ってくると思います。

帝京大学医学部 進学

帝京大学医学部 進学
I.M.さん

YMSでの一年間は、人生の中で最も有意義な一年間でした。特にYMSで良かった点は担任制度だと思います。学習管理だけでなく、二次対策もやってくれます。一年間、共に走ってくれた担任と志望理由を作り上げていくので、自分だけの本物の志望理由を武器に二次面接を戦うことが出来ました。

帝京大学医学部 進学

帝京大学医学部 進学
M.H.さん(東京女学館)

YMSに通って良かったことは担任指導が充実していることや医学部の受験情報が豊富なことです。担任の先生との面談で毎週課題を決めることで、常に目標をもって勉強することができました。二次試験対策や願書添削、受験プランの作成など自分の希望に合わせて柔軟に対応して頂けたことが良かったです。自分では収集できないような情報も教えてくださり、参考になりました。模試や復習テストでは順位が掲示されるので上位を目指したいと思い、モチベーショ ンの向上につながりました。

 

入学説明会受付中

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

03-3370-0410

        受付時間
        8:00-20:00(月~土)
        8:00-18:00(日)

        お問い合わせ・資料請求      

YMSは受験技術を教えるだけでなく
「いい医者」を育てることを
目標にしています。

Top