学校案内

医のアート

現代の医療従事者に求められている「医の心」を育てます。

教科:医のアート

単なる面接・小論文対策ではない!

ヒポクラテスやプラトンの昔から、医術(医学)は「アート」であるといわれてきました。阿部正和先生(元東京慈恵会医科大学長)は「スキル」だけでなく「医の心」や「医の道」を含めた概念が「医のアート」であるとおっしゃっています。YMSでは、医師を目指す若者の資質を伸ばすためには、「医のアート」の理解と追及が重要であると考え、指導しています。

一見、これは学科の学習と関係がないように思われますが、生徒の志望動機を強めると同時に、その効果として学習の意欲も高めることとなり、結果学力アップにも大きな影響を与えるのです。医師の資質を高めるために「医のアート」があるとするならば、学科対策よりも重要だと言っても過言ではありません。

「医のアート」は単なる小論文・面接対策ではなく、生徒が医学部に行くこと、医師となり社会貢献することを本気で望み、さらに、辛い受験勉強でも乗り越えられるようになり、結果として成績も向上する効果を持つのです。

40年間積み上げられた経験と情報が満載

「医のアート」の教材は、入学時に生徒自身が作成する「医のアートのカルテ」に始まります。生徒は家庭環境から高校での委員会、課外活動、自由研究、ボランティア、読書、そして自己分析(医師になる資質や特技、長所・短所など)をします。

そして、担任と相談して、基礎となる情報を整理して「医師志望理由」や「将来の抱負」などを組み立てます。また、医学部の入試概要、求める医師像を理解したり、医療問題、国際問題、環境問題など視野を広げ、多角的に医学・医療を取り巻く問題について理解し、自分の考えを表現できるように教材を編集しています。

さらに、新入試制度に対応するため、「自己表現」、「説明能力」というプレゼンテーション能力を高めるための素材も組み込んでいます。これらは、YMS創立以来指導内容に組み込まれており、他に追従するものはなく、『唯一無二』と言えると思います。

通期での学びが「いい医師になる」素養を育む

全学年週に1回の「医のアート」の授業を受講。テーマは「医学部入試の概要」、「どんな医師になりたいか」、「医師の適性とは」、「医師不足や偏在など医療問題」、「医学の歴史」、「医療倫理」、「環境問題」、「面接対策」、「小論文対策」、「願書の書き方」など小論文のテーマ、面接の質問事項、願書内容に利用できる全てを含みます。

「医のアート」の授業を導入にして、各担任は担当生徒それぞれに合う活動や読書、研究内容を指示し、同時に志望動機や将来の抱負を生徒と共に考えていきます。夏期には担任と相談して決めた方針に従い、ボランティアや病院見学、研修旅行、セミナーなどに参加します。

これらの指導は年間を通して継続的に行われます。そして、出願の始まる12月の初旬までには願書の書き方も指導し、しっかりとした動機を抱きつつ受験期を迎えることができるように工夫されています。受験を迎える頃には医師としての立派な資質が身についていることになります。

また、月に1回の現役医師による「AU講座」(選択講座)は、日本国内の医療に留まらず医療人がアジアという視点を持って、ボーダーレスに活躍する可能性を追求します。この講座では特に探求心を高め、プレゼンテーション力をつける効果が期待できます。

教科:医のアート
2020年 主なテーマ
  前期   後期
1 医学部二次試験アウトライン 13 夏の報告
(ボランティア、読書、研究など)
2 君はどんな医師になりたいのか 14 遺伝病と遺伝子治療脳死・
臓器移植・再生医療
3 環境問題 15 医療倫理
4 面接の達人 16 少子高齢社会
5 ボランティア、適性試験 17 一般社会問題
6 医師̶患者関係(患者中心の医療) 18 各種面接対策
7 ポイントは読書研究だ! 19 国際社会問題
8 面接・小論文における
視野のトレーニング①
20 面接・小論文における
視野のトレーニング②
9 医師不足・医師の偏在 21 願書の書き方・自己評価書の書き方
10 医学の歴史 22 願書チェック
11 医のアートとは 23 願書チェック
12 面接対策講座「講義」 24 願書チェック

 

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

03-3370-0410

        受付時間
        8:00-20:00(月~土)
        8:00-18:00(日)

お問い合わせ・資料請求      

YMSは受験技術を教えるだけでなく
「いい医者」を育てることを
目標にしています。

Top