2022年度合格体験談

2022年度合格体験談

医学部合格おめでとう~合格者の声~

2022年度YMSの医学部合格実績や合格された先輩の合格体験記です。(国公立医学部・私立医学部 合格体験記)

2022年度 国公立大学医学部

北海道大学医学部 進学

北海道大学医学部 進学
K.H.

二次試験対策で実況中継を読んで行ったら、ほとんどそのまま聞かれる面接もあり、緊張しすぎずに面接に臨めました。小論文も対策と同じようなテーマが本番で出題されたので、冷静に解答できました。そのおかげで合格できました。
受験を通して、どんなに終わりが見えなくても、必ず終わりが来ると分かりました。だからこそ、1日1日を大切に後悔のないように頑張ってほしいと思います。

筑波大学医学群 進学

筑波大学医学群 進学
I.S.(暁星)

YMSでは担任がつき、学習計画から面接・小論文の対策までしてくれました。特に面接対策では、典型的な質問とその模範解答例をただ覚えるのではなく、質問の意図や医療人に求められる基本的資質について教えてもらい、実際の医療現場での課題とそれを解決するために大学が必要とする人材について正しく理解できました。そのため、準備していなかった質問に対しても本番で臆することなく、自分の頭で考えて答えることができました。

千葉大学医学部 進学

千葉大学医学部 進学
H.A

面接・小論文対策がすごくためになりました。実況中継にもかなり助けていただきました。YMSの良いところは、生徒同士の距離が近いだけでなく、先生と生徒の距離も近いところです。辛いときも一人で孤立することはありませんでした。受験勉強の際は、苦手科目を積極的に勉強すること、時間配分を意識して勉強することが大切だと思いました。良い判定が取れなくても、正規合格ができたので、諦めずに頑張ってください。

東北大学医学部 進学

東北大学医学部 進学
大谷 日夏梨

YMSの良いところは、担任指導がしっかりしているところです。担任の七沢先生と週一回、一週間何を勉強したのかを報告する時間が設けられています。そこで、勉強を進めていく上で困ったことがあればアドバイスをいただけます。例えば参考書を解いて化学の特定の分野が苦手で七沢先生に相談したら、その分野だけを抽出した多くの問題を用意してくださいました。そのおかげで様々な問題パターンに適応できるようになりました。さらに、一週間の勉強報告では、先生と自分だけではなく、2,3人のグループで報告するので、ちゃんと勉強しなきゃというプレッシャーもありました。他の子の勉強法を参考にする機会もありました。また、共通テストの対策もちゃんとしてくれました。七沢先生には、忙しい中わざわざ時間を空けてまでして倫理政経または地理の一問一答を週に1回行ってもらいました。
私は国公立のクラスだったのですが、少人数でクラス替えもなく、困ったときはすぐに相談できるほど仲良くなれたので、クラスのみんなで1年間頑張ることができました。

東北大学医学部 進学 上井 聡一郎

東北大学医学部 進学
上井 聡一郎(巣鴨)

YMSの強みは、担任制度だと思います。毎週1時間程の担任との面談により、やる気がUPし、受験に対する不安も解消できました。目標の勉強時間や方針を担任と決めることにより、1年間たるまずに受験勉強ができました。YMSでは、現役・浪人関係なく生徒間の交流が盛んのため、YMSにいる時間は楽しくて受験勉強が苦ではなかったです。また、YMSにはひとりひとりにロッカーとレターケースがあり、自習室と空き教室で自習ができるので、環境面でも非常によいです。授業は少人数制のため、授業中に気軽に質問ができました。各大学の一次対策・二次対策の授業があるため、安心して本番に臨めました。支えてくれた皆様、ありがとうございました。YMSの先生方の指導に従って勉強すれば必ず医学部に合格できます。頑張ってください。

東北大学医学部 進学

東北大学医学部 進学
S.K.(千葉)

YMSは、面接対策が大変充実していて素晴らしいと思います。毎週の医のアートの授業では、医療系の知識だけでなく、様々な考え方や幅広い視野を得ることができ、非常にためになりました。受験だけでなく、将来医師になった後も役立つと思います。日々の担任指導では、面接練習をしてくださりました。大学ごとの直前の二次対策では、先輩方の情報をもとにみっちり対策していただけるため、他の受験生に二次試験で負けることは全くないと思います。
YMSの授業は、他の大手予備校に引けを取らないほどの質の高い授業を展開してくれ、復習をしっかり行えば、非常に高い学力を身につけることができます。私もおかげ様で受験には全勝できました。医学部受験において、YMSは最高の予備校であると断言します。友人や先生方、環境に恵まれ、私は大変充実した浪人生活を送れたと感じています。

高知大学医学部 進学 黒須萌花

高知大学医学部 進学
黒須 萌花(成蹊)

YMSの授業では、授業中分からないときにすぐに手を挙げて質問できるのが魅力的でした。 担任の市川先生は自分が面談してほしいときにすぐ面談してくださって、不安なことを即座に 解決してくださりました。自分が知らない受験に役立つ情報を次から次へと提示してくださったおかげで、膨大な情報を自分の武器にできました。
『医学はサイエンスに支えられたアートである』医学教育の基礎を築いたウィリアム・オスラーの 言葉です。先進技術を求め続ける現在の医療現場の中でも対人関係に 重きを置いて全人的医療を提供することがどれほど大切か、YMSの医のアートの 授業では先生方が丁寧に教えてくださります。この医のアートの授業で得た知識、そこから深めた考察は受験において私の最大の武器となりました。実際に、 小論文や面接、グループワークには大きな自信を持って臨むことができました。また、 手厚い担任指導にも感謝しております。二次試験の前日、前泊していたホテルの 部屋で面接の最終確認のために担任の市川先生に電話をしました。 常に自分のことを考え熱心に指導してくださる姿にとても感動し、YMSに入って本当に良かったと思っています。

浜松医科大学 進学

浜松医科大学 進学
F.K.

私は、他の塾とかけ持ちしてYMSに通っていました。YMSには、いつでも先生に相談できる環境があります。担任の先生と毎週1回面談をし、勉強方針などを指導していただきました。また、私は高校に入ってから、課外活動やボランティアに参加し、その経験を活かせるよう先生方がたくさんアドバイスをしてくださったので、面接試験では自分の話しやすい話題に持っていくことができました。医のアートの授業のおかげで、医療に関する問題や環境問題などの知識も増え、本番でとても役に立ちました。

 

 

2022年度 私立大学医学部

慶應義塾大学 進学 清水舞

慶應義塾大学医学部 進学
清水 舞(長野)

YMSに入りたての頃は、まだ、明確な進路が決まっておらず、担任の小柴先生と相談して東大の推薦を目指した時もありました。TOEFLのために猛勉強したり、読書をして医学を学んだりした経験が私の目指す医師像をつくりあげ、その後の勉強の励みになりました。オンライン授業でも添削してくださる先生、話しかけてくれる先生もいて、モチベーションが高まりました。担任の小柴先生もモチベーションを高めてくださり、分からないことは何でも教えていただけたので、私立医学部の情報の少ない公立高校に通っていた私でも安心して受験ができました。

慶應義塾大学 進学

慶應義塾大学医学部 進学
T.E.(慶應義塾)

毎月のように実施される大学別模試や、それに伴うクラス分けなどがスリリングで、良い緊張感を保つことが出来ました。特に夏期や冬期の講習費の値引き率がかかった模試では「頑張ってね」と微笑む親の目の奥から大学入試本番もしくはそれ以上のプレッシャーを感じましたが、おかげで毎回命がけで頑張ることが出来ました。YMSは生徒と先生の距離が近く、私も多くの先生からいろいろなアドバイスや激励を頂けたのがよかったです。担任の先生がいつも寄り添ってくださったり、励ましてくれたので、強い気持ちでモチベーションを保つことが出来ました。
YMSは少人数制でアットホームなところがとても良い反面、逆に自分が浪人生であることを忘れてしまいそうになるほど居心地がよくなってしまうことに注意をしなくてはならないと感じました。自分の目標達成のために時に厳しく自己管理をすることは簡単ではないですが、そこを頑張ってこそ結果が出ると思うので、自分ともしっかり向き合ってください。

東京慈恵会医科大学 進学 中丸七海

東京慈恵会医科大学 進学
中丸 七海(東京農業大学第一)

今年は、本当に限界まで頑張り、良い結果を出せました。それができたのは、毎週の面談で勉強の進捗を見てもらい、サボることができなかったからです。私は、二次試験がすごく苦手でした。それでも合格できたのは、一次試験の点数が良かっただけでなく、二次試験対策をYMSで徹底的にやったからだと思います。
「この大学に行きたい」という強い気持ちがあれば、二次試験対策にも力が入ります。一次合格は、最低でも4校を目標に頑張った方がいいです。あとは、YMSでの対策でなんとかなります。

順天堂大学 進学 三箇島花南

順天堂大学医学部 進学
三箇島 花南(吉祥女子)

YMSは、とにかく先生と生徒の距離が近く、いつでも個別の質問に対応してもらえたり、相談に乗ってもらえたことが有難かったです。YMS生は、全員医学部志望なので、お互いに高め合うことができ、とても良い刺激をもらいました。数ある中で私がYMSで良かったと思う点は、担任制度です。週に1回担任の先生と面談を行い、1週間で取り組んだ内容と反省をすることにより次週やるべきことを明確にできました。その結果、常に目標を見失わずに学習ができました。また、面接にとても不安を感じていましたが、夏期と入試直前期に行われる二次対策講座を通して、しっかりと練習ができ、本番も落ち着いて面接に臨むことができました。

順天堂大学 進学 矢嶋詩織

順天堂大学医学部 進学
矢嶋 詩織(Ribet Academy)

毎週、復習テストがあるので、復習しないわけにはいかない環境が作られていることが勉強のモチベーションになっていました。医のアートの授業や二次対策の授業は、二次試験本番でとても役に立ちました。特に医のアートは、医師になるという意欲が高まり、勉強のやる気につながったと思います。

順天堂大学 進学 川野楓栞

順天堂大学医学部 進学
川野 楓栞(東邦大学付属東邦)

私は、YMSに初めて来た時は、入試に落ちて絶望で自分を見失っていました。そんな自分がこの1年で脱出することができたのは、勉強する努力をすることはもちろんですが、担任の先生の存在と高め合える友人の存在のおかげでした。
担任の先生との面談では、「患者を診る」という言葉を聞いてから、単に受験に勝つ為ではなく、自分が将来会う患者のために勉強しようと思うようになりました。その他にも、メンタル面や家庭の事情まで本音で話すことができる信頼関係を築くことができました。
また、授業や医のアート、二次対策などで先生方から教わった教養は、覚えきれないほどあり、受験勉強だけするなら他の予備校でもできるけれども、YMSのように人としても成長できるような予備校は他にはないと思います。さらに、YMS生は団結力が強く、皆で合格したいと応援し合う仲なので、本当に刺激になりました。
この1年間私に携わってくれた全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました。

順天堂大学 進学 永堀健太

順天堂大学医学部 進学
永堀 健太(栄東)

先生方の手厚い指導と友人との深い友情に恵まれた環境で医学部合格を目指しました。私が受験直前期に体調を崩して入院をしていたときも、先生方や友人たちのメッセージに何度も心を救われました。そして、試験会場に行けば共に戦う仲間がいました。お互い切磋琢磨し合う一 方、応援し合える環境がある予備校です。この縁に心から感謝し ています。YMSに来なかったら、合格できませんでした。

日本医科大学 進学 推津怜生

日本医科大学 進学
推津 怜生(渋谷幕張)

僕がYMSだからこそ合格できたと思える理由は三つあります。
一つ目は、先生や生徒との距離が近いことです。入学したての頃は本当に英語が苦手で何をやったらいいかこまめに井上先生に相談したり、高二の時に数Ⅲの学校でわかりにくかったところを牧野先生に質問したりしていました。親身になってくれたことで苦手を得意に変えることができました。このことに限らず質問がしやすい環境にあるというのは大きな利点だと思います。また、同じ目標を持った生徒が近くにいることで自分を鼓舞することができました。
二つ目は、担任の先生が手厚く指導してくださったことです。僕は小柴先生にお世話になりました。週一回の面談で主に学習状況の確認や模試の目標設定を行っていただけでなく、医療系のセミナーなども紹介してもらいました。勉強のモチベーションがなくなることが多くあったけれど、面談を通して頑張ろうと思えたことは何回もあったと思います。さらに、受験期直前には志望校の選択や志願理由書においてサポートしてもらいました。多くの大学を併願する上で一人では到底こなせなかったと思います。また二次対策の際にも個別に納得するまで練習に付き合っていただきました。おかげで面接で緊張することはあっても不安なことはありませんでした。何か困ったことがあれば、すぐに相談できる人がいることはかなり強みになります。
三つ目は各大学の受験に関する情報を多く知れたことです。面接や小論文に関してはより多くの情報があるほどそれだけ有利になると思います。そういった点でYMSなら困ることはないと思います。また、二次試験に限らず毎月各大学を模した模試があったことが僕にとっては大きかったです。勉強のモチベーションになるだけでなく、大学ごとの特徴を早いうちから知ることができ、この大学に受かるには何をしていけばいいのかということがわかり、勉強法も明確になっていったと思います。

日本医科大学 進学

日本医科大学 進学
T.S.(実践学園)

私は1年を通して、7時に予備校に行き、授業の後は、20時まで自習をしました。YMSが閉まってからは、カフェに行き22時まで勉強するようにしていました。月1回の模試と週1回の面談でモチベーションが上がりました。わかりやすい授業、モチベーションを高めてくれる担任の先生、不自由なく勉強出来る環境を整えてくれる事務の方々、同期の仲間たち、本当にありがとうございました。

昭和大学医学部 進学 石川瑠菜

昭和大学医学部 進学
石川 瑠菜(女子学院)

入試対策としては、基礎を固めること、英文を毎日何かしら読むことを意識して取り組みました。
YMSは二次対策が充実していて、十分に対策できたところが一番よかったです。私は昔から人と話すことが得意ではなかったため、医のアートや毎回の面談・直前講習で二次対策、特に面接の練習をしたからこそ合格できたと思います。今までで通った予備校の中で一番楽しかったです。

昭和大学医学部 進学 秋山颯一郎

昭和大学医学部 進学
秋山 颯一郎(桐蔭学園中等教育)

授業が楽しいだけではなく、ライバルではありますが、互いに支え合える仲間ができ、楽しく意欲的に学習ができました。YMSには自分の世界を広げるチャンスが多くあり、新聞作成、AU講座での研究発表、医のアートの発表により、自分の殻を破れた気がします。模試の結果がすぐに出て、上位者の名前が貼り出されていたため、勝ちたい相手や目標ができました。日頃から、事務の方々とも話せて、アドバイスもいただけたのが非常に嬉しかったです。

昭和大学医学部 進学 岸晃

昭和大学医学部 進学
岸 晃(川越)

ちょうど1年程前、先も見えず、自分に何も希望を見出せなかったとき、担任の井上先生に声をかけていただき、YMSで学ぶことを決意しました。「必ず受からせてやる。」という言葉を最初はまったく信用せず、どうせ口だけの予備校だろうとさえ思っていました。ですが、1人1人のレベルにあった週単位で細かく組まれた学習計画の効果は、見る見るうちに成績という形で現れ、僕に受験当日の自信をつけてくれました。
他にも、将来どのような医師になりたいかを考える「医のアート」の授業は、医師としてだけでなく、「自分」とはどのような人なのかを考える良い機会になりました。
ここでは、人のことを自分のことのように喜んでくれる仲間や先生方がいます。
「人は変われる。」僕がYMSに入って好きになった言葉です。先生や周りの仲間を信じ、互いに切磋琢磨しながら、全員で合格を勝ち取ってください!応援しています。

昭和大学医学部 進学 高橋 幸嗣

昭和大学医学部 進学
高橋 幸嗣(栄東)

私は、YMSに通ったことで心から医者になりたいと思えるようになりました。3浪した私ですが、YMSに来るまでは、一度も心から医者になりたいと思ったことはありませんでした。しかし、YMSで様々な医師に出会い、人の命の尊さや命を救うという行為の真の意義について、自分としっかり向き合いながら、考えることができました。合格することができたのは、YMSのおかげです。親が医者である受験生の中には、なぜ医者を目指すのか、明確な理由が見つかっていない人も多いと思います。YMSでは、その答えを見つけることができます。医師志望理由が定まっていない方がいれば、ぜひYMSに通ってみてください。人は変われます!

昭和大学医学部 進学

昭和大学医学部 進学
中川 陽香(湘南白百合)

YMSは、自分と同じように医師になりたくて頑張る仲間がたくさんいます。仲良くなるだけでなく勉強にむかう姿や仲間の伸びに刺激を受け頑張ろうと思えました。またハンセン病に関する共同レポート作成はYMSでだからこそできたことだと思います。自分なんかが医学部なんて…と思っていた私は、学校でも医学部を受けると周りの友達に言っていなかったので、YMSでできた、「一緒に医師を目指す友達」の存在というのはとても支えになりました。また、担任の先生が自分一番良い方法を一緒に考えてくれるので孤独を感じません。担任制のある塾はたくさんありますが、実際授業を担当する先生が担任をもつ塾はとてもめずらしいと思うし、授業をする先生だからこその的確なアドバイスだと思います。
医のアートの授業があったことで、現代の医療問題を知ることができ、またどんな人が必要とされているかを知ることでモチベーションをあげ、具体的な将来の姿を想像できました。医のアートは半年近く受けることに意味があり、得られる視点があると感じ、これは1日2日で身につくものではないと思いました。
私はずっと医師になりたいという思いがあったのにも関わらず、成績が悪いことを理由に「こんな私が医学部に行きたいなんて言っていいのか」と思い、自分を信じることが出来ませんでした。また学校や個別塾でも「医学部は無理だ、文系にしろ」なんて言われているほどでした。こんな私でも、YMSに出会えたから医学部合格なんていう奇跡を起こすことが出来ました。もし、本気で医師になりたいのなら、何度「やめろ無理だ」と言われても、絶対に諦めないでください。諦めることさえしなければ、医師になれるチャンスがあるからです。YMSは例え、絶望的な成績をとったとしても、「諦めること」ではなく「どうしたら合格できるか」を一緒に考えてくださる先生方がいます。YMSと、そこでできる仲間となら、きっと大丈夫です。それから高校生活を思い切り楽しんでください。ほんの些細なことが小論文・面接で助けになります。私は自分の「やりたい」という思いを貫き通して、本当に良かったと思っています。どうか自分の夢におじけづかず、あきらめず、最後までやり切ってください!陰ながら応援しています。
最後に、YMSに出会えていなかったら、今の私はありません。YMSに通って本当に良かったです。私を支えてくださった多くの先生方、担任の神保先生、本当にありがとうございました。

東京医科大学 進学 秋山舞耶

東京医科大学 進学
秋山 舞耶(東洋英和)

私は、面接対策をYMSでしかやっていなかったのですが、先生や先輩方からアドバイスをいただけたので、面接に自信を持てるようになりました。志望動機、動作など細かく指導してくれたことに感謝しています。また、先輩に直接相談をできる機会がたくさんあったので、とても安心できました。

東京医科大学 進学 加藤大祐

東京医科大学 進学
加藤 大祐(城北)

東医推薦対策講座では、先生だけでなく、過去に推薦を受験した先輩方からも直接アドバイスをいただけたことが大きかったです。面接の時の対応や振る舞いを細かく指導していただいたのがとてもありがたかったです。推薦プレテストも、本番さながらの練習ができたので、本番も自信を持って対応できました。そのおかげで合格できたと思います。

東京医科大学 進学 淺見考耀

東京医科大学 進学
淺見 考耀(巣鴨)

YMSは、生徒同士はもちろんのこと、生徒と先生、生徒と事務の方との距離も近く、実家の次くらいに居心地がよかったです。他予備校との違いは、ここにあると思います。これにより、受験に向かうにあたって、一人で戦っているわけではないと思え、他の受験生より精神面で勝てたように思えます。そして、二次対策はなんといっても素晴らしいです!それぞれの先生が自分にあったアドバイスをくれます。この1年で関わった方々全員に心から感謝しています。ありがとうございました。

東京医科大学 進学 髙橋孔志

東京医科大学 進学
髙橋 孔志(宇都宮)

YMSの強みは二次対策だと思います。ボランティア、講演会、AU講座、医のアートなどどれも充実しています。これらを自分のものにできたら、二次で落ちることはほぼないと思います。
また、先生や事務との距離が近いことで気軽に質問できたり、プリントをもらえたりなどとてもありがたかったです。個性派だらけなので、より一層おもしろいです。唯一、欠点を挙げるとしたら、居心地が良すぎることかもしれないです。YMSでの経験は、医師になってからも大切になってくるものばかりだと思います。

東京医科大学 進学 秋元瞭

東京医科大学 進学
秋元 瞭(江戸川学園取手)

面接、小論文対策が最も合格に結びついたと言えると思います。志望理由書の添削、面接でのアドバイスだけでなく、実際に合格した先輩方の生の声も助けになりました。自分の選択していない科目と英作文の対策はできるだけ早く始めたほうがいいと思いました。

東京医科大学 進学

東京医科大学 進学
清水 理沙(青山学院)

YMSの面接対策は非常に有効だったと思います。場の雰囲気を体感できるし、確実に質問の答えを用意ができました。先生や先輩のアドバイスのおかげで、声の大きさも意識できるようになりました。

東京医科大学 進学

東京医科大学 進学
羽鳥 竜介(県立前橋)

推薦対策講座では、学科で何が出るのか、どういった面接で何を聞かれるのか、小論文の形式などについてよく知ることができました。見当がつき、より勉強に集中できたと思います。生物と小論文の対策は、1か月前くらいからやっておいたほうがいいと思いました。

東京医科大学 進学

東京医科大学 進学
H.A.(立命館慶祥)

YMSでは、学科試験や小論文の傾向や難易度を知れたのはもちろんですが、面接対策が特に役立ったと思います。YMSの面接練習をしてからは、頭の中で常に考えることができました。志望理由書などの添削もすごく丁寧にしてくださり、色々アドバイスをもらえたのでよかったです。

東京女子医科大学 進学 花岡真歩

東京女子医科大学 進学
花岡 真歩(仙台育英学園)

一般試験の勉強を疎かにせず、推薦対策の勉強は一般試験の勉強が終わってから勉強するようにしていました。間違えた問題は、ノートにまとめ、何度も解き直していました。個人面接の練習は時間が許す限り、いろいろな人にアドバイスしてもらいました。そうすることで、よりよい回答や自分では予想できなかった質問を作り出すことができます。
担任の先生がお忙しい中、推薦の個人面接の練習を何度もしてくださり、本番でも自信を持って自分の意見や主張をすることができました。
推薦対策講座は日曜日一日中を使っての練習で、授業の復習が終わらないなどの問題がありましたが、テュートリアルの練習は、とても役に立ちました。
YMSと他予備校の違いは何と言っても情報量の多さだと思います。私は現役の時には大手塾に通っていますが、推薦試験の枠がこんなに多いと思っていませんでした。また、推薦試験の対策のプレテストが本番で全く同じ問題が出るとは本当に驚きました。先生方も本当に優しくて特に個人面接の練習や願書添削は担任の先生を筆頭に何人もの先生方にアドバイスを頂きました。おかげで本番では自信を持って自分をアピールすることが出来ました。また、担任の先生がいるのもこの予備校ならではだと思います。担任の先生はいつも優しく時には厳しく指導してくださいます。一週間の計画を立て実践することで学力がついていく。目標を達成したら、担任の先生が褒めてくれる。だから次週もまた頑張れる。自然と勉強時間が増えていき、合格を勝ち取れるのではないでしょうか。
YMSは楽しく勉強できる一番の場所だと思います。仲間と切磋琢磨し、己を磨けます。私自身、一年間辛いことがたくさんありましたが友達はもちろん担任の先生も親身になって話を聞いてくださいます。だから大丈夫です!何かあったら担任の先生やいろいろな先生方に頼ってください。きっと全力で助けてくれます。入塾当時に偏差値がものすごく低かった私でも医学部に合格することが出来ました。YMSのおかげです。本当にお世話になりました。最後に諦めずに夢を追いかけることはとても難しいことだと思います。しかし、一人で戦っているわけではありません。みんな応援してくれています。よって、周りの人への感謝を忘れずに全力で夢を叶えてください!

東京女子医科大学 進学 菅野 七愛

東京女子医科大学 進学
菅野 七愛(白百合学園)

YMSの大きな特長は、人との距離が近いことだと思います。クラスを超えて、「同じ医師になる」という目標を持つ友人がたくさんできたことは、普段も入試期間中も大きな支えになっていたと思います。YMSでできた友人関係は、これからも大切にしていきたいです。また、先生との距離も近かったことも私には大きかったです。質問はもちろん、色々と相談に乗っていただいたり、課題をいただいたり、願書や過去問の進捗状況を見ていただいたりしました。本当にたくさんの先生方にお世話になりました。医学部に合格できたのは、YMSのおかげです。YMSの先生を信じて頑張ってください。

東京女子医科大学 進学 山﨑美実

東京女子医科大学 進学
山﨑 美実(光塩女子学院)

YMSは、他予備校と比べて、先生や生徒、そして事務の方がとても気さくでアットホームな雰囲気でした。そのため、分からないことがあってもすぐに先生に質問しやすく、生徒同士で問題を出し合ったり、励まし合ったりできたので勉強の意欲を向上させ続けることができました。
また、定期的なクラス分けがあったのもモチベーション維持につながりました。自分のクラスが模試の結果によって変わるため、上のクラスに上がれるように医大別模試の対策を毎回きちんとやっていました。また、模試の結果は約1週間で分かるので、すぐに復習して次に活かせました。さらに、直前講習では、先生方が大学別に出題されそうな範囲を絞って説明してくださります。直前講習で解いた類題が本番で出題されることがよくありました。

東京女子医科大学 進学 石原昌子

東京女子医科大学 進学
石原 昌子(聖徳学園)

YMSは、やる気のある生徒を全力でサポートしてくれる予備校です。高卒クラスでは、全員が1年で医学部合格できるようなカリキュラムが編成されています。そのような校風からかYMSに集まる生徒さんは生き生きとしていて、やる気に満ち溢れている方が多いです。先生も質問に行くととことん向き合ってくださいます。「医のアート」の授業では、医学部に合格するだけでなく、よい医師になるための授業が展開されます。よい医師を育成する。そこまで見据えた教育をしているのはYMSだけだと私は考えます。この環境で1年間勉強したことで、私は私立医学部の一次試験は9校通過(補欠:3校、正規合格:1校)することができました。一般的にみると、優秀とは言えない結果だと思います。
しかし、私は現在30歳で最終学歴は高卒です。この立場の人間が1校でも正規合格を掴むことができたのは、YMSの存在があってこそです。そのため、私を受け入れてくださったYMSの先生、スタッフさん、生徒さんには感謝してもしきれません。
医師になりたいという強い気持ちを持って、勉強し続ければ、必ず道は開けます。心から応援しています。一緒に「よい医者」になりましょう。

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
N.R.

YMSの担任指導でよかった点は、YMS全範囲の勉強を計画的にすることが出来たところです。担任の先生が勉強の指導から悩み相談までしてくださったので、ずっと頑張ることが出来ました。私は計算ミスなどが多いのでどこを間違えたのかをミスノートにまとめて、後で見直し、同じ間違いは繰り返さないようにしていました。また、YMSの自習室や空き教室はいつも誰かが懸命に勉強をしているので、家で勉強が出来ない人は何時にYMSに来るなどのルールを作って通塾した方が勉強に集中できると思います。
また、推薦対策講座では、テュートリアルの演習がたくさんあり、毎回先生や先輩方がアドバイスをくださるので自分の改善点を見つけることが出来ます。また、YMSは先生や先輩との距離が近く、毎回の推薦対策に先輩方が来てくださるので、疑問点や不安なことをすぐに解消することが出来ます。その他にも、私はニュースや新聞に目を向けるようにしていました。どのような題材が小論文などに出ても対応できるように自分の考えをまとめていました。これらのおかげで、自信を持って入試に挑むことが出来たので、推薦対策講座に参加してよかったです。
中学3年生からYMSに通っていてYMSのアットホームな雰囲気が好きでした。YMSは全員が同じ目標に向かって勉強をしているので、お互いに支え合い、励まし合いながら勉強をしていました。

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
W.H.

私は高2の3月まで医学部受験を甘く見ていました。初めてYMSに見学に行ったときに周りの人たちが朝から晩まで隙間時間にも勉強をしている姿を見て自分の勉強量の少なさを痛感しました。通っている生徒はみんな医学部を目指しているので校舎に行ったとき、模試を受けたときは周りに圧倒されていました。でも、それが「今年女子医に絶対入る」という気持ちを大きく確かなものにしてくれました。YMSに入ったことで医師として生涯学び続ける大切さを知ることが出来ました。授業前にテストがあることで知識の確認にもなりました。点数を先生がみんなの前で一人一人確認するときは恥ずかしくないような点数を取ろうと勉強に対するモチベーションが上がりました。担任制だったことで勉強について聞きやすかったです。先生と話すことでリフレッシュになっていましたし、受験の不安も解消できました。
女子医の「至誠と愛」推薦を受けられる資格があることはとてもラッキーなことです。受験を出来ることに感謝して、本番は自分の中にある思いを面接官の先生方にお伝えしてください。精神的に安定していることが一番大切だと思います。女子医入学後、卒業後にどうなっていたいか想像するだけでワクワクしていました。自分のなりたい姿を声に出して言ってみることで本当になると思いますし、自分に意識づけることが出来ます。自分の性格に合ったモチベーション維持を見つけてみてください。

東京女子医科大学 進学

東京女子医科大学 進学
K.M.

YMSでは、過去に講座に参加して合格された多くの先輩方が毎回来てくださいます。実際試験を経験している先輩方と、何十年もその姿をみてきたエキスパートである先生方に身近に相談できる環境はYMSでしか得られないものであったと感じています。そして、小グループ討論や面接試験の練習を本番同様の緊張感と形式で何度も行えたことで、本番も自信をもって質の高い討論を行うことが出来ました。自分では情報収集できないような細かい医療知識や、面接小論文などでの時事的な傾向まで教えて頂けるのもYMSの推薦対策講座を受講してよかったと思える理由の一つです。
リフレクションの大切さを何度も仰ってくださったおかげで毎回欠かさずリフレクションをし、講座で得たものを定着させることが出来ました。また、講座内で医学的な知識や現代社会の知識を教えてくださったことで、志望理由や自己評価の内容に深みが生まれ、面接も自信をもって行うことが出来ました。
志望理由、自己評価の内容は固めるまでに時間がかかるので、女子医公募を受けると決めた日から考えておくことをお勧めします。そして書類は七沢先生にどんどん添削をお願いすると良いと思います。YMSの講座の内容はその日のうちに絶対に振り返りの時間を作ってください。受けっぱなしではあまり自分の物には出来ないと思います。できればニュースは1日1回は見た方がいいです。私は一日分必ずNEWSZEROを見ていたのですが、そのおかげで小論文や面接での時事的なものに対応できました。頑張ってください!

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
小室 璃紗(穎明館)

自分一人では対策できない部分があると考え、YMSの推薦対策講座を申し込みました。集団面接練習が合格の決め手になりました。特に面接については、とてもきめ細かく指導していただきました。何度も練習したので本番も自然に練習した成果を出せたと思います。北里を目指す人たちと切磋琢磨しながら対策することができました。本番も一緒に頑張ってきたYMS生を見かけ、緊張をほぐすことができ、落ち着いて本番に臨めました。
高1、高2のうちに基礎学力はつけておくべきだと思います。私は絶対に推薦で北里に行きたかったので、YMSに通いながら北里大学のこと、北里柴三郎先生についてとにかく調べ、ノートにまとめました。また、時事問題など一般教養を深めるために新聞スクラップも行いました。北里に合格したいという思いを強く持てば合格は見えてくると思います。頑張ってください。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
F.D.(厚木)

同じ北里大学医学部の指定校推薦を受験する人達と本番に似た面接練習をすることができたことが、試験までの不安を和らげてくれて、合格に結びついたと思います。声の大きさや目線の配り方などのアドバイスを何度も何度も言ってくださったおかげで、本番の面接で緊張したなかでも、これらのことに気をつけることがが出来ました。
小論文の対策でも、小論文の書き方を1から知ることができ、とても役に立ちました。
また、試験前日に「ナチュラルに緊張してるのが良い。」と言われたのが、試験の日の自信に繋がりました。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
村山 雄大(玉川学園)

YMSは面接と小論文の対策がどこの予備校よりも徹底されていました。 「北里大学に行きたいと心の底から思って望んでください。」という言葉を胸に頑張りました。とても良かったです。 北里大学のアドミッションポリシーにもあるように、日頃から社会、周りに関心を持ち「豊かな人間性」を身につけることが大事だと思いました。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
T.K.(玉川学園)

僕は基礎学力テストで全然手応えが無かったですが、YMSの推薦対策講座でやってきた小論文や面接がうまくいったおかげで合格したと思っています。この講座にはOBの方達が来て経験談を交えながら色々とアドバイスしてくださったのでとてもためになりました。先生からのアドバイスの全てがためになったのですが、その中でも特に印象に残っていることはこの講座を受けているからといって「慣れている」感じを出さないことが大切だということです。実際にYMSの練習でやっていたことの通りにやったわけではなく、取捨選択をして慣れている感じを出しすぎないようにしていました。このことによって、少しぎこちなさが出て良かったのかなと思います。
推薦を同じく受ける皆さんへのメッセージとしては、今はとりあえず成績をしっかり取りつつ、基礎学力テストに向けて準備をしておいたほうがいいと思います。教科別の難易度は年々違うので全教科に対応できるようにしておいたほうがいいと思います。小論文は少しやって書き方に慣れる程度にやっておいたほうがいいと思います。面接はこの講座を受ければ絶対に大丈夫なので今は何もしなくて大丈夫です。試験に対する不安とかあるかもしれないけれど、自分のやっていることを信じて勉強を頑張ってください。応援してます!!

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
D.Y.

集団討論を何度も練習したことで、本番では過度な緊張なく臨めました。基礎学力調査で必要となる分野についての説明、面接時の声量・態度について指導していただいたのがよかったです。推薦枠を取れるように、定期試験では良い成績を取る努力をしてください。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
T.H.(成城)

面接はやはり経験を積まなければ、上達しないと感じていました。YMSは面接練習(特に集団討論)を積極的に実施してくれた上、自分の欠点などを客観的に評価してくれたため、自身の癖を克服する機会にもなりました。面接時の細かい動作だけではなく、小論文・学科試験のポイントも細かく教えてくれました。どのようなことでもアドバイスをしてくれたので、試験に関する疑問や不安を全て解消することができたと思っています。YMSに通っていなければ、あれほど落ち着いて面接に臨むことは出来なかったと思います。YMSの北里推薦講座は北里医学部合格だけでなく、私自身も成長させてくれたと思います。ここで学んだことは必ず役立つので、皆さんもYMSでの経験を活かして合格を勝ち取ってください。応援しています。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
S.K.

推薦対策では、集団面接の練習を何回も反復して行っていただきとても助かりました。面接の時の態度など細かく指導していただけたのでよかったです。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
T.A.(サレジオ学院)

模擬テストの実施や実践的な面接練習のおかげで合格ができたと思います。特に小論文の構成についてのアドバイスをもらえたのがよかったです。北里大の推薦は、推薦の受験勉強というよりは、一般受験に合格するための受験勉強をするという意識で準備した方が良いと思いました。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
H.R.(國學院久我山)

YMSは、先生と生徒の距離がとても近く、生徒同士も仲が良いため、和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく授業を受ける事ができました。YMSで本当に良かったと感じた点は、先生方が試験直前まで親身に相談に乗ってくださり大学ごとの対策やきめ細かいアドバイスをたくさん頂けたことです。2次対策講座においても資料をもとに何回も練習を重ねることで本番は自信を持って臨むことができました。たくさんの先生方に支えて頂き、合格することができ大変感謝申し上げます。YMSほど手厚くサポートしてくれる予備校はないと思います。迷ったことや悩んだことがあれば先生方が力になってくださいます。最後まで諦めることなく自分を信じて頑張ってください。

北里大学医学部 進学

北里大学医学部 進学
T.R.

面接対策をしていただけたことが一番合格につながったと思います。初めは自分の意見を言うのも難しかったですが、先輩方や先生方のおかげで、自分の意見をはっきりと相手に伝えることができるようになりました。また、声の大きさも毎回注意していただいていたのですが、前日の講座で先生方に声が大きくなったと褒めていただき、自信につながりました。先生方のアドバイスのおかげで、本番も、面接官の方にはきはきしてていいねと褒められ、とても嬉しかったです。面接はYMSを信じでいれば絶対に大丈夫です。練習はとっても緊張しますが、そのおかげで本番は全然緊張せず、いつもと同じように面接に臨めました。基礎学力試験の対策は前日まで諦めずにやってください。私は物理が苦手で、前日も物理のセミナーをひたすら解いていました。試験当日、前日セミナーで解いた問題がそのまま出題され、そのおかげで物理はおそらく満点を取れたと思います。諦めないでよかったと心の底から思いました。

東邦大学医学部 進学 倉島 大輔

東邦大学医学部 進学
倉島 大輔(屋代)

「成績さえよければ受かる」という考え方は、医学科の受験においては通用しません。東邦大学推薦入試では、特にものごとの考え方や学習に対する取り組み、日本語能力なども問われるウエイトが大きく、本格的な準備が必要です。YMSのように二次試験の重要性を説いてくれる予備校は少ないので、YMSにいるだけでも二次試験においてアドバンテージがとれるのではないかなと思います。
YMSでは、模試の対策、授業の予復習、二次対策…といろいろやることがあって、とても忙しく充実した準備をすることができました。

東邦大学医学部 進学

東邦大学医学部 進学
尾本 達哉(開智未来)

YMSは、毎日授業が詰まっていて休む暇はないです。授業、予習と復習だけで十分に成績が上がりました。辛いときは助け合えるような仲間がたくさんできて、充実した一年間でした。毎日、怠ることなく、授業に出て、予習と復習を続ければ、必ず合格できます。頑張ってください。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
T.T.(暁星)

担任の先生のご指導で春休みのうちから基礎に立ち返って勉強したことで、苦手だった化学を含め、全教科で成績を飛躍的に伸ばすことができました。また、夏休みの面接研修や医のアートのおかげで、初めての2次試験にも落ち着いて臨むことができました。YMSでは医学部合格に必要なことを全て教えていただきました。それまで1次合格を1つも頂けなかった私にとって、YMSに入塾したことが合格へのターニングポイントであったと思います。

聖マリアンナ医科大学 進学 八ヶ代春希

聖マリアンナ医科大学 進学
八ヶ代 春希(芝)

YMSの推薦対策講座の魅力は、過去にどのような問題が出題され、どのような対策を行えばよいかを教えてくれる点です。聖マリ推薦入試の場合、過去問が非公開になっているため、この講座を受けることで他の受験者と差をつけることができました。過去の出題傾向に合わせて、先生方が想定問題を作ってくださるので、よりアドバンテージを得ることができました。丁寧な面接対策のおかげで、本番の面接ではしっかりと応答することができました。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
私立推薦本科生

推薦に関する情報は限られている中で、YMSの先輩方の体験談など、豊富な情報をYMSで得る事ができた事が貴重だったと思います。試験当日の全ての過程を詳細に記録している今までの先輩方の実況中継は、自分が試験をイメージして準備を完璧にするために本当に役に立ったと思います。また、YMSで繰り返し練習した面接対策が当日の面接に活き、一つ一つの質問にスムーズに答えられ、面接直後に大きな手応えを感じる事ができました。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
O.M.(明治大付属中野)

YMSでは、前年の推薦の試験で合格された先輩方から試験の特徴や、解き方、勉強や対策の仕方を直接聞くことができるたため、学科試験のみならず、面接も対策を立てることができました。また、それに加えてYMSには、過去の試験の資料がたくさんあり、試験の形式を予想することができたので、それを活かして学科試験の時間配布に役立てることができました。そのおかげでテスト当日も効率よく解きすすめることができ、また緊張をあまりせず解くことができました。面接の試験においては、YMSで願書を何度も添削してもらい何度も書き直しを繰り返すことで、試験官によりわかりやすく伝わる文章を完成させることができ、願書を読んでくれる試験官には、良い第一印象で面接を受けられたと思います。また、面接自体も何度もYMSで練習していたので、考えていなかった質問に対しても落ち着いて答えることができました。このように、YMSでは、全ての試験科目に対して抜かりなく対策し、推薦入試というデータがあまりない試験に対しても情報量も豊富であったことが私の合格に繋がったと思います。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
加賀谷 英里菜(桐蔭学園)

YMSの推薦対策講座を受けて、過去の面接の内容や小論文などの出題内容を知ることが出来たので、試験本番も安心して取り組めました。大学の先輩からアドバイスをもらえたり、願書添削もしてもらえたりなどとても感謝しています。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
O.E.

YMSの資料の精度はとても高く、特に英語の環境問題等、面接での出題ではありましたが、的中していたと思います。自然科学の対策は難しかったけれども、プレテストの問題で雰囲気を知ったうえで、本番に臨めました。面接練習では、細かなアドバイスをくださり、自分の印象付けの仕方を学べたのがよかったです。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
N.M.

志望理由書、願書の添削がありがたかったです。特に目にとまりやすいよう調整してくれたのがよかったです。書きたいエピソードがたくさんあったのですが、取捨選択してもらえたことで、自分の意思や目的が伝わりやすくなったように感じています。何度も面接練習をしていただき、毎回課題も出していただいたので、アピールポイントが明確になりました。

聖マリアンナ医科大学 進学

聖マリアンナ医科大学 進学
T.M.

推薦プレテストは、出題形式や問題のレベルが本番そっくりだったので、当日の筆記試験ではあまり緊張せずに臨むことができました。小論文対策では講師の先生が文章の組み立て方を出題形式別にご指導くださり、どんな問題が出題されても大丈夫だという自信がつきました。また面接対策では、自己PRのフィードバックをしてくださり、今までの学校生活で頑張ってきたことを中心に自分の良いところを最大限引き出してくださったので、自己PRがさらに充実したものになりました。先生方のご指導を一語一句聞き逃さないようにすることが合格の秘訣です。

埼玉医科大学 進学

埼玉医科大学 進学
M.A.(日本女子大学附属)

高校1年生からYMSに通っていて、本当に医のアートの面が強化されて、面接も有利になりました。医のアートの授業で何度も面接練習をしたので、圧迫面接を受けても耐えられました。ボランティアや読書を勧めてくれ、自分のアピールポイントを増やすことが出来、これはやはりYMSだからこそだと思います。YMS全体で生徒が仲良いので、医学部合格という1つの目標に向かって皆で頑張ることができたので少しやる気が出ない時も励まし合って勉強できました。 私の合格は本当にYMSのおかげです。本当にお世話になりました。

埼玉医科大学 進学

埼玉医科大学 進学
M.K.(飯田)

担任の先生は学習チェックを毎週行ってくださったので、やることに迷わず毎日勉強に取り組むことができました。模試で悪い点数を取でしまった時も、明るく前向きな言葉をかけていただいたので、モチベーションを落とさずに根気強く問題を解き続けました。模試のたびに模試反省シートを書くようになっていたのですが、模試で苦手分野を把握することで次の勉強につなげることができました。丁寧な担任指導をしていただいたおかげで合格することができました。本当に感謝しています。
どの先生も個性的で、授業が楽しかったです。特に化学の授業では学校で習うことができない問題を早く解くためのテクニックを教えてもらいました。また、どの科目もテクニックだけではなく、本質を教えていただいたので、苦手を少しずつ克服することがで きました。YMSの先生に出会えてよかったし、YMSの授業を受けることができてよかったです。
YMSで医学部合格を目指す仲間と一年間過ごすことで良い刺激をもらいながら、一年間勉強に取り組むことができました。毎週復習テストがあることで、授業の定着度や知識の漏れを確認することができました。担任指導では、担任の先生が学習チェックを毎週行っていただいたので迷わず勉強に取り組むことができました。面接練習も不安がなくなるまで何度も付き合ってくださったので本番も緊張せずに自信を持って一つーつの質問に答えることができました。YMSの先生方は勉強の相談や質問に対して真剣に答えてくださるので悩み事を抱えたまま勉強するということがなくなりました。大手予備校とは違い、人数が少ないので、先生方が一人一人の名前を覚え、話しかけてくれます。事務の方々もとても優しく、相談に乗ってくれました。とてもアットホームな雰囲気で勉強することができて本当に良かったです。ありがとうございました!
すぐに成績が上がらなくても落ち込まず、最後まであきらめず取り組むべきだと 思います。悩みごとがあったら一人で抱え込むのではなく、担任の先生にすぐ相談 して解決してから勉強に取り組んだほうがよいと思います。

日本大学医学部 進学 坂口智哉

日本大学医学部 進学
坂口 智哉(芝学園)

YMSの特筆すべき点をあげるとしたら毎週の質の高い復習テストと担任指導があげられると思います。
まず復習テストについてですが、僕は初めての担任指導の時に「復習テストを常に意識して頑張れ」と言われ、それを意識して毎日の勉強に励みました。まず復習テストのためにしっかり勉強し、復習テストを受け、そこで出来なかったことやり直して出題された範囲の復習を仕上げました。そのお陰で成績が上下せず安定しました。
次に手厚い担任指導についてです。夏休みに入るまでは学習に関しての面談が主でした。模試や復習テストの状態確認などをしていました。夏休み以降は面接指導が多くなってきました。僕は推薦を受けることもあり夜まで面接指導していただくこともありました。そのような面接指導のおかげで二次試験の時もあまり緊張せずに自分を出すことができました。
これらのようなものがなければ僕の合格もなかったと思います。佐野司最強‼︎
やるべきことをしっかりやれば自ずと結果は付いてきます。気持ちを切らさずに頑張ってください!

日本大学医学部 進学 石井泉吹

日本大学医学部 進学
石井 泉吹(攻玉社)

自分に何が足りないのか担任と話し合って、それを補強する学習計画を立てられるのがYMSの魅力だと思います。私自身も色々と担任の先生に助けていただきました。授業はできるだけ多くとった方が良いと思います。YMSの授業はどれも質が高く、決して損にはなりません。夏と冬の特別講座である「天国への数学」と「英語地獄」は入試の基礎を完成させる上で、特に受けた方がいいです。英語が苦手だったのですが、「英語地獄」を受けることによって英語の技能の飛躍的な伸びを感じました。「天国への数学」も同様の理由でおススメです。

日本大学医学部 進学 山梨颯太

日本大学医学部 進学
山梨 颯太(磐田東)

YMSはアットホームで生徒同士の仲がいいです。同じ志を持った人が集まるので辛いことがあっても一緒に乗り越えてくれる仲間がいます。担任の先生は、生徒一人一人に対して的確なアドバイスをしてくれます。また、すべての科目の学習計画やどの参考書をやればいいのかのアドバイスをしてくれるので、全科目をバランスよく勉強できました。

日本大学医学部 進学

日本大学医学部 進学
根崎 瑛羽(立教新座)

YMSの一番の魅力は、生徒一人一人がプロの先生に指導してもらえることです。他予備校では、一人の先生が100人以上の生徒を受け持つが当たり前の中、YMSは少人数制なので、しっかり手厚く指導していただけました。市川先生のおかげで、学力面はもちろん、二次力もつけることができました。受験期のメンタルサポートも助かりました。また、志望校を決める際は、戦略をしっかり立ててくれるため、一年で絶対に医学部に合格したい人には最適だと思います。

日本大学医学部 進学

日本大学医学部 進学
T.A.(白百合学園)

私は高2まで大人数で行う予備校に通っていましたが、高3になって少人数制・担任制ということに魅力を感じYMSに入学しました。YMSに入る前は受験について何も知らない状況でした。受験について、それぞれの学校の特徴について、講習への参加・ボランティア・読書について等を教えていただき、二次対策や最強の志望理由書つくりは全てYMSで行ったと思っています。また、受験に必要なことだけでなく、これからも役立つようなことをたくさん知ることが出来ました。また、担任の先生が自分の性格や弱点を把握してくださったおかげで順調に成績を伸ばすことが出来ました。YMSの温かい先生方・事務の方々のサポートに本当に感謝しています。

日本大学医学部 進学

日本大学医学部 進学
M.A.(飯田)

担任指導で毎週課題を決めてもらい、それを確実にこなすことで成績が上がりました。面談では励ましてくれるので、やる気が長続きしました。また、医のアートの授業などを通して、二次試験の準備をしっかりとできたので、差をつけられたと思います。とにかく最後まであきらめずに頑張ってください。

杏林大学医学部 進学 増田貴之

杏林大学医学部 進学
増田 貴之(東邦大学付属東邦)

YMSと言えば、担任指導だと思います。自分の弱点を見つけることができ、授業以外の課題プリントなどをもらってこなすことで苦手がなくなります。授業で使うテキストの質がすごく良いと感じました。過去問を解いたり、実際の入試でも「テキストに似たような問題があったな」と思うことがありました。ZOOMで授業を受けられるのも便利だと感じました。

杏林大学医学部 進学 大川海響

杏林大学医学部 進学
大川 海響(桐朋)

他の大手予備校と比べて少人数であるため、皆がよき友人となり、普段の受験勉強から入試まで互いに支え合って努力することができました。本番の会場では、友人が多くいたので緊張もほぐれてよいパフォーマンスができたと思います。YMSは生徒と先生の距離が近く、いつでも分からないことを質問できる点が非常に良いと思いました。他予備校に比べて学費も安いし、良い成績をとれば得られる講習費減免もありがたかったです。

杏林大学医学部 進学

杏林大学医学部 進学
W.A.(吉祥女子)

現役のときに全落ちだった私が医学部に正規合格できたのは、YMSの受験戦略、そして担任制度にあると思います。担任の先生には受験校の決定や、願書の添削、面接対策など一人一人細かく対応していただけたことが良かったです。他の大学の一次試験でなかなか面接の準備の時間が取れなくても、直前期の大学別二次対策ではその大学の特徴や過去の面接の情報が得られたので万全な対策で面接試験に臨むことができました。毎週行われた「医のアート」の授業では将来医師として働くうえで必要な知識が得られたので、面接試験に役に立っただけでなく、辛くて逃げだしたくなってしまった時でも初心を思い出すきっかけにもなりました。また毎月実施された大学別の模試も良かったです。大手の模試とは違って医学部特有の難問が出題され、実際に一次合格できた大学は模試の成績や判定も良かったのでかなり信頼していました。そして成績優秀者は掲示され、講習の減額制度もあったのでモチベーションの向上にもつながりました。

関西医科大学 進学 木村叡司

関西医科大学 進学
木村 叡司(海城)

2021年の1年間、YMSは私にとって第二の拠点といえる場所でした。家ではあまり勉強に集中できず、オンラインで受ける授業がなかなか頭に入ってこない私は、YMSで勉強するしかなかったです。だからこそ入学を決めました。YMSはほぼ年中開いており、朝から夜までいることが出来ました。また、平日は先生がたくさんいるため、分からないところはすぐに解決できました。たとえ文化祭やスポーツ大会で疲れていても、定期テスト中でも、寝不足でも、必ず授業は対面で受け、自習室に行き続けました。そんな毎日があったからこそ自分の日々の勉強に自信をもって本番を迎えることが出来たのだと確信しています。私が強い意志で信念を貫くことが出来たのは、同じように毎日来ているライバルや、声をかけてくれるYMSの先生がいたからだと思います。是非今受験を控えている人はYMSで自分の信念を貫いて合格につなげてほしいです。

久留米大学医学部 進学

久留米大学医学部 進学
O.H.(青山学院)

受かった瞬間に思ったのは、何人も、何十人もの人に支えられ、ここまで来たんだと言うことでした。やる気が出ない時には、友達とゲーム感覚で赤本で競争したり、友達と質問しあってわからない問題を解決したり、不自由なく勉強に集中できるようにいつも事務の方々が支えてくれたり、わからないと行き詰まった時や「何で?」と思った時に、わかるまで付き合ってくれる先生方、自分の休み時間を割いて、付きっきりで苦手科目を教えてくれる講師の先生方のおかげでどんな時でもサボらないように、そして悩んでる時には解決策を一緒に探してくれる担任がいて、YMSだけでも何十人もの人に支えられてきました。また、お弁当を用意してくれたり、送り迎えをしてくれたりする家族や、卒業したのにずっと気にかけてくれる高校や中学校の先生方がいたことに気がつきました。多くの人と関わったからこそ、多くの人に支えられていることを実感でき感謝することができ、そして様々な考えを共有し合うことができました。時に、そのようなことは無駄だ。受験に必要ないと言う人がいるかもしれません。ですが二次試験の時に、ふとそのときの会話を思い出し、沈黙なく終えるためには、人との会話が大切だと思います。暗記をするだけなら、一人でもできます。ですが、正しい理解なくして入試はできません。6:50から20:00までサボらず、やれる忍耐を養うことなんてできません。今年出会ったみんながいるから、私は全て1番下のクラスでも正規合格が取れたのだと思います。

岩手医科大学 進学

岩手医科大学 進学
岩城 俊哉(國學院久我山)

私は推薦入試だったので、情報をしっかり集め、勉強を進めていきました。例えば英語であったら英作文が課されていたので先生に実際に英作文を添削してもらい対策をすることが出来ました。また早い段階から推薦入試を受けると決めていたのでAU講座での発表や面接の練習を多く積むことが出来ました。
私はYMSに通って本当に良かったと思っています。他の予備校であればここまで親身になって指導をして頂けなかったと思いますし、推薦という手段さえも提示されなかったと思います。面接などで有効に使うことが出来るAU講座での発表もYMSならではだと思っています。私は実際に面接のときすごく助かりました。
担任の佐野先生が私のためだけにプレテストを作ってくださったり、長い時間面接やMMIの練習をしてくださったことにとても感謝しています。

東北医科薬科大学 進学

東北医科薬科大学 進学
Y.H.(玉川学園)

YMSの良いところは、担任の指導が手厚い点です。毎週、ノートチェック、単語のチェックもやっていただいて、やらないといけない状況に必然的になるのがありがたかったです。授業では、化学や英語の添削もしてくれてためになりました。困った時は、国公立クラスのみんなで考えたり、教えあったりできる環境も良かったと思います。時間配分や解く順番などをよく考えて諦めずに頑張ってください。

帝京大学医学部 進学

帝京大学医学部 進学
N.G(暁星)

YMSの夏期・後期はサボってしまったことを後悔しています。でも、神保先生が相談に乗ってくださり、最低限の授業だけ出るなどして耐えることができました。担任指導があったから合格することができたと思います。毎週、面談をして次までにやってくることが明確になりましたし、小テストやプリントを用意していただいたのでやることに迷う時間はなかったです。

帝京大学医学部 進学

帝京大学医学部 進学
M.N

YMSは生徒数の多い予備校と異なり、浪人生同士や生徒と教員の距離が近い所がとてもいい所です!
高校を卒業し、知り合いの居ない環境でコツコツ1人で勉強するのは至難の業だと思います。その上、受験に対する不安もあり、1年間メンタル面をキープすることもとても重要だと思います。その点YMSは10~20人での授業や担任制度があることで様々な人と関わる機会があり、そこで関わる人と共に1年間切磋琢磨しながら勉強する環境が整っています!
そして何より、毎週行われる担任面談で目標を立て、できていなければしっかりと叱ってくれるおかげで、サボり癖がある私でも真摯に勉強に取り組むことができたのだと思います。そして、YMSの先生方は私たちを医学部に入学させるために最大限の力を尽くしてくださいます。先生方が今までに培ってこられた医学部受験のノウハウを使い、勉強や二次対策、メンタル面でのサポートもしてくださり、合格することができました!

金沢医科大学 進学

金沢医科大学 進学
T.K(昭和学院秀英)

金沢AOについて徹底的に調べて下さった佐野先生のおかげで合格できました。佐野先生じゃなかったら、無理だったと思います.…..。私は夏明けにAO出願を決めたため、2ヵ月弱で自己推薦文などを用意する必要がありました。金医がどんな生徒を求めているのかや、過去の生徒による実況中継をふまえて先生が完璧に推薦文を仕上げて下さったため、二次の点数60点分はほぼ満点だったと思います。他の予備校に行っても、ここまでしてくださる先生はいないと思います!!先生の経験値が特に高いのがYMSの強みだと 感じました。この1年間(正確に言うと高1から4年間)、腐らずYMSの授業(医のアートとか発表を含む)に参加していたのが面接でも活かされたと考えます。
最後まで成績が良いとお世辞にも言えなかった私が合格できたのは、 佐野先生と最後まで粘って頑張ったからだと思います。私はミスが多く、先生はよくあきれていましたが、そんな私でも合格はできた のでYMSに入れた時点で全員合格できると思います。 どうか最後まであきらめず、苦しい時は先生や友達に頼って走り切って下さい。学力に自信がない子は、早々に推薦やAOを考えても良いのかな、と二浪で考えました。一般だけでなく、どうしても受かりたい人は推薦も良いと思いました。

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

03-3370-0410

        受付時間
        8:00-20:00(月~土)
        8:00-18:00(日)

お問い合わせ・資料請求      

YMSは受験技術を教えるだけでなく
「いい医者」を育てることを
目標にしています。

Top