合格実績・体験談

合格実績・体験談

合格実績

2017年度医学部入試 最終合格者 182名(高卒・高三・推薦本科コース)

合格者数 一次
合格
最終
合格
312名 182名

YMS本科生 医学部進学 98名!

(重複合格を除きます)
国公立大学 合格者数 国公立大学 合格者数
筑波大学 2 群馬大学 1
横浜市立大学 1 徳島大学 1
鹿児島大学 1 大分大学 1
浜松医科大学 1
※二次棄権者含む
私立大学 一次合格 最終合格 私立大学 一次合格 最終合格
産業医科大学 2 杏林大学 20 15
東京慈恵会医科大学 7 4 獨協医科大学 10 4
順天堂大学 18 10 藤田保健衛生大学 5 2
日本医科大学 13 10 金沢医科大学 6 5
昭和大学 19 10 川崎医科大学 1 1
関西医科大学 5 2 埼玉医科大学 26 11
東京医科大学 12 9 帝京大学 14 7
日本大学 12 5 愛知医科大学 6 4
東邦大学 9 7 東海大学 21 5
東京女子医科大学 17 15 近畿大学 3
岩手医科大学 8 3 福岡大学 3 2
北里大学 31 23 東北医科薬科大学 7
聖マリアンナ医科大学 16 13 国際医療福祉大学 13 7

2016年度医学部入試 最終合格者 177名(高卒・高三・推薦本科コース)

合格者数 一次
合格
最終
合格
289名 177名

YMS本科生 医学部進学 96名!

(重複合格を除きます)
国公立大学 合格者数 国公立大学 合格者数
東京医科歯科大学 1 高知大学 1
千葉大学 1 自治医科大学 1
札幌医科大学 1 防衛医科大学校 2
※二次棄権者含む
私立大学 一次合格 最終合格 私立大学 一次合格 最終合格
慶應義塾大学 1 北里大学 27 21
東京慈恵会医科大学 3 2 聖マリアンナ医科大学 29 18
産業医科大学 1 杏林大学 26 15
順天堂大学 10 5 獨協医科大学 13 6
日本医科大学 8 4 藤田保健衛生大学 5 1
昭和大学 8 6 金沢医科大学 11 6
大阪医科大学 2 川崎医科大学 1
関西医科大学 5 3 埼玉医科大学 25 11
東京医科大学 24 18 帝京大学 11 11
日本大学 11 9 愛知医科大学 17 13
東邦大学 5 2 兵庫医科大学 5 1
東京女子医科大学 11 9 東海大学 9 3
久留米大学 4 1 近畿大学 2 1
岩手医科大学 11 3 東北医科薬科大学 4 1

合格体験談

横浜市立大学 医学部 進学
東京慈恵会医科大学・順天堂大学 医学部 他合格
古川 大期くん(桐光学園)

YMSには横浜市立大学の推薦と私立大学の二次試験対策でお世話になりました。
YMSで指導していただいた印象に残る志願理由書の書き方や面接の答え方のおかげで多くの大学から正規合格を頂くことができました。ずっと憧れていた横浜市立大学の医学部に合格することができ本当に嬉しいです。
本当にありがとうございました。

大分大学 医学部 進学
松嵜 皓大くん(学習院)

私は7月まで部活をしていたので、本気で勉強を始めることができたのは8月からでした。夏から、現役医学部合格は不可能だと思っていた私が合格できたのは、YMSのおかげだと思います。勉強をする上で、YMSは少人数なので、分からないところはすぐに先生に質問できますし、まわりの同じクラスの人たちとも競い合う友人として仲良くなれました。また、担任制度で高三生だけでなく、高卒生との繋がりを築き上げることもできました。
毎月の模試では、医学部を目指した内容でレベルの高いものでしたが、その分解きがいのあるものでした。
受験校を決め、志望書を出すときには、歴代のYMSの先輩方のデータをもとに指導していただき、医学部受験は『情報戦』だと気づかされ、またその膨大な情報のあるYMSだったからこそ、合格できたと思います。

順天堂大学 医学部 進学
日本医科大学 特待・東邦大学 医学部 他合格
今泉 里佳子さん(雙葉)

現役の時は一次通過ゼロだった私が、この一年で第一志望校に合格できたのはYMSのおかげです。YMSの良い所は医専予備校ならではの情報量の多さ、医学部受験に特化した授業、そして充実した二次対策です。「医のアート」では一年を通して様々な知識を深め、医師としての心構えも学んできました。直前期には担任の先生と面接対策をやり込んだことで自信を持って二次試験に臨むことが出来ました。先生方との距離が近く気軽に質問が出来る環境で、同じ志を持つ友人と一緒に頑張って来たこの一年はとても濃密で充実していました。私にとってYMSは第二の我が家のような場所です。YMSに通って本当に良かったです。ありがとうございました。

順天堂大学 医学部 進学
杏林大学 医学部 合格
宗 成彰くん(武蔵)

毎週の面談があったから計画を持って勉強ができ、そのおかげで合格できたと思います。
一年間の最初の時は、模試で全然点数が取れませんでしたが、計画的に勉強すると、徐々に成績が上がっているのが実感できました。
私はもともと別の大学を推薦で行くつもりだったため、順天堂大学の過去問を解き始めたのは12月からでした。ですが、それまでに基礎を固めていたため、理解が早く、そのため合格できたと思います。

日本医科大学 進学
日本大学 医学部・東邦大学 医学部 他合格
桂 瑠衣さん(洗足学園)

私にとって、YMSでの一年間はやるべきことを一つ一つこなしていくことの積み重ねでした。大手など他の予備校との違いは、YMSはとてもアットホームな予備校で、先生の距離感が近い点です。周囲の刺激を受けながらも、自分のペースで勉強を進められたため、精神面でもストレスをあまり感じことなく、安定した一年間を過ごせました。その点で、YMSの空気間が自分にはとても適していたと思います。
また、先生との距離感が近い点で、授業で分からなかったことや勉強の進め方を含め、不安要素を残さずに進められたのも良かったです。各大学の特色や強みがわかったり、直前には大学別の対策があったり、志望校に通う先輩のお話を伺えたりなど、今まで知らなかった情報をたくさん得られたのもプラスでした。

日本医科大学 進学
東邦大学 医学部・東京医科大学 他合格
川島 翼くん(慶應義塾)

担任指導は1週間に1回と、比較的早いペースで面談があるので、個々をしっかり見てくれるし、学習方針の変更をしたい時、すぐに先生との相談が出来きました。また、面談から面談まではそこまで空かないので、日々の学習のモチベーションにもなり、効率良く、だらけずに自分の学習をすることが出来たと思います。
授業は、覚えにくいと感じていたことを分かりやすく教えてくれるし、それでも分からないところは気軽に質問しに行けるので、確実に学力を伸ばすことが出来きました。また、選択授業もあるので、弱点の補強に力を入れていると思います。
YMSは二次対策にも力を入れているだけあって、願書を受験のプロの目で早い時期から沢山チェックしてもらえるし、あらゆる形式の面接の練習が多く出来て、緊張しいの自分でも、本番で焦らずに面接に対応することが出来きました。
苦労して入った医学部なので、留年して遅れることなく、医師になろうと思います。
今までありがとうございました!

昭和大学 医学部 進学
菅野 雅人くん(暁星)

YMSに入った頃、まだ学力面や精神面で未熟だった私が、この一年間で勉強し、同じ医師を目指す仲間たちと切磋琢磨し、第一志望に合格できたのは、YMSの環境があったからこそだと思います。
例えば、受験期間中に入試問題で分からなかったところを受験当日にYMSに戻り、先生に聞き、理解し、また同様の問題が出ても大丈夫なようにできるといった環境は、大手予備校にはない点です。だからこそ、最後の昭和Ⅱ期で正規合格がもらえたのだと思います。
悔しい気持ちを常に持っていたことで、最後まであきらめない力を身につけることができました。

昭和大学 医学部 進学
聖マリアンナ医科大学・杏林大学 医学部 他合格
守川 真帆さん(聖心女子学院)

私は現役の時、1校だけ一次通過しましたが、準備不足で面接を迎え、結果が残せませんでした。YMSを選んだのは、学力だけでなく、その二次力がつくと考えたからです。説明会での小柴先生のYMSに通えば1年後には必ず医学部に合格するという心強い言葉と、市川先生の担任指導の説明、勧誘で入学を決めました。
私は、なかなか人前で意見を言えませんでしたが、夏休みに韓国の高神大学に行ったこと、医のアートの授業を受けていく中で少しずつ話せるようになり、面接試験では自信を持って話すことができました。
受験前半ではなかなか結果を出すことができず不安でしたが、最後まで諦めないで昭和Ⅱ期正規合格することができたのは、担任の先生やクラスの仲間の励ましがあったからだと思います。一年間で勉強面だけでなく多くのことを学ぶことができました。
本当にありがとうございました。

日本大学 医学部 進学
東京女子医科大学・杏林大学 医学部 合格
村上 優希子さん(田園調布雙葉)

医学部を目指し、もう1年だけ頑張ろうと予備校を決めるにあたり、私は自宅から比較的近い医系予備校6校をまわりました。その中で規模のわりにいわゆる上位校とされる大学への合格実績があり、比較的学費も安く、対応してくださった先生の雰囲気が圧倒的に良かったYMSを選びましたが、結果大正解でした。YMSが他の予備校と違うところをあえて挙げるとすれば、選択授業を除いた通常授業の終わる時間帯が早いこと、全てのレベルのクラスで扱う教科書が一冊にまとまっていること、模試で成績が良いとそれに応じた額の学費が返還されることだと思います。それらは、全て私の学力と成績向上につながりました。授業が早く終わると、その復習をする時間を十分にとることができます。入試本番を含め問題を解けなくて一番くやしいのは、その問題を解いたことがあるのを覚えているのに、解法を思い出せない時だと思いますが、十分な復習のお陰で私にはその経験が1年を通して数えるほどしかありませんでした。全レベルが一冊にまとまった教科書は質問すれば、自分のクラスでは扱わない問題についても解説してもらえるので、苦手な分野は基礎的な問題を、得意な分野は上位クラスの問題も解けます。負けず嫌いな私にはJKクラスにいた前期中、HYPERクラスでしか扱わない問題も全て自主的に解いていた結果、夏期にはHYPERクラスに上がることができました。学費の返還制度は誰でもやる気が出ると思います(笑)

東京女子医科大学 進学
北里大学 医学部・帝京大学 医学部 合格
森川 ゆみ さん(雙葉)

大手予備校に通おうとほぼ決めていた私を高校の同級生が「YMSの説明会に行こうよ!」と誘ってくれて入学説明会に参加しました。現役の時から解答速報などでYMSの名前は知っていましたが、説明会に参加して先生との距離の近さや医学部の情報の多さに惹かれて、入学を決めました。
授業は一人ひとりの解き具合を確認してくださる先生が多かったです。それもあり、自分の苦手分野を先生が把握してくださって、苦手分野の補修プリントや克服方法なども教えていただき穴を埋めることができました。また各科目の先生でも私がどの教科が得意か不得意かを把握しているので、「この試験でこのくらい取れていれば、あなたなら違う科目で補えるでしょ?」というアドバイスも多くいただきました。
受験期には同じような問題がよく出題されるので、解答速報を利用することで1回できなくても、次は解けるというように受験期が一番成績伸びたなと感じました。解けなかった問題をすぐに先生に質問できる環境が整っているのもYMSの大きな強みだと思います。
これらのことをうまく利用することで、現役、1浪と一次合格すらなかった私が医学部に合格することができたと思います。

東京女子医科大学 進学
日本医科大学・聖マリアンナ医科大学 合格
相馬 未来さん(豊島岡女子学園)

YMSのテキストは春先から医学部の過去問をもとに構成されており、私のように“一通り学習を終えたが、入試までに入試問題を解く能力が上手く身につかなかった人”には最高のテキストだと思います。特に理科は入試本番で「YMSでやった問題だ!」と気付くものが本当にたくさんあり、1年間ここでみっちり鍛えたからこそできる問題が多くあることに気づかされました。
また、先生との距離も近く、気軽に質問に行けたり、追加でプリントをもらうことができる環境も本当に良かったと思います。私は物理が本当に苦手で、典型題を解くことばかりに集中してしまい、現象の根本理解や基本的に解き方のプロセスを固めることができていませんでした。
しかし、物理の先生が嫌な顔一つせずに基本的な公式の成り立ちや考え方を教えてくれたり、追加プリントをくれたりしたので、試験本番までには得点源の教科へと変えることができました。先生との距離の近さはYMSが一番だと思います。

国際医療福祉大学 医学部 進学
福岡大学 医学部 合格
金 兌倫くん
(Fairmont Preparatory Academy)

心から私のことを助けてくださった担任の先生(市川先生)、そして家族に支えられた2年でした。
YMSに決めて良かった。
YMSの仲間と一緒に勉強できて良かった。
YMSから医学部に進学できて良かった。
と思っています。私のように医学部を目指す海外からの学生たちにもここYMSは勉強の場を与えてくれており、今後数多くの留学生も日本の学生の方と同様、医学部に進学してほしいと思っています。まさにYMSの門は海外に向けても大きく開いていることを今後伝えていきたいと思っています。それが私の使命です。そして良き立派な医師になることで市川先生またYMSのご恩に報答したいと思います。

国際医療福祉大学 医学部 進学
東京女子医科大学・杏林大学 医学部 他合格
Y. Aさん

まず、今まで足を引っ張っていた物理を伸ばすことができました。前期は抜けていた基礎を固め、後期は様々なパターンの問題に触れました。振り返ってみて、速く正確に解く力が付いたのはYMSの物理の授業についていったからだと思います。
また、これ以上伸びないと思っていた英語をさらに伸ばすこともできました。授業に出ている中で単語や文法や構文など頭に入っていないことがまだあると気づき、英語の暗記に力を入れました。YMSは他予備校より授業が多くあり、少し大変ですが、その分気づけることも多くあると思います。そして何よりも一番良かったのは、YMSの環境です。担任指導を受けたこと、同じ境遇の友人と切磋琢磨したことなど。今までの浪人生活ではなかった経験をすることができました。

岩手医科大学 進学
遠藤 瑞基くん(東北学院)

YMSの一番の強みは、先生と生徒の距離が近いこと、先生たちが優しく親切であることだと思います。担任の先生でなくとも、生徒のことを気にかけてくれます。距離が近いからこそ、各教科で自分の学力がどこに位置していて、どのような教材をどういった目的で使用し、いつまでに仕上げるかなどの学力を効率よく向上させるための相談ができました。
また、月に1回の模試はかなり難しい印象ですが、返却がとても早いので、すぐに復習することができ、他の模試の結果を待っての勉強よりもはかどると思います。
加えて、8時半に授業が始まるのは鬼かと思っていましたが、夏休みも冬休みも一貫してこのサイクルで過ごせたので、試験当日は朝早くても、すぐ集中できる身体に仕上がっていました。

聖マリアンナ医科大学 進学
金沢医科大学 合格
佐藤 真依子さん(東洋英和女学院)

他の予備校との違いは、先生と生徒の距離がとても近いことと、YMS全体で生徒をサポートしてくれるところだと思います。
疑問点があればすぐに質問にいくことができますし、担任の先生以外の先生も一人ひとりの生徒のことを気にかけて下さいます。
私は本当に数学が苦手で、夏以降も足を引っ張り続けており、一次合格すらも危うい状態でした。そんな時、担任の先生だけでなく、数学の先生も一緒に考えて下さり、直前期の10月~1月にYMSの個別指導を取ることになりました。また、私を受け持って下さる先生は、通常授業も担当して下さっていたので、授業の内容に合わせて、勉強を見て下さり、短期間で確実に数学ができるようになりました。
そして何とか受験に間に合い、医学部に合格できたのだと思います。

聖マリアンナ医科大学 進学
後藤田 直孝くん(芝)

この一年間、医学部への道のりとしては順調とは程遠いものだったと思います。体調不良で中々授業に出られず、自習室にも行けないときは不安そのものでしたが、そのような状況下でも嫌な顔一つせず、接していただいた担任の先生にはとても感謝しています。
YMSでは生徒一人ひとりが医学部へのモチベーションが高く、僕もそれに感化され負けてはいられないという気持ちで日々の勉強に励みました。また、医のアート、担任の先生との面談を通して将来の医師像も明確になっていき、医師になりたいという気持ちが強まりました。
この一年間、大変お世話になりました。

杏林大学 医学部 進学
立花 里彩さん(江戸川学園取手)

YMSの先生は常日頃、私たちの受験に役立ちそうな新鮮な情報をいろいろな方面から集めてくれます。医学部は情報戦とかよく言われますが、その情報を使って各人の志望大学に合った作戦を考えてくれ、合格するまで一対一で確実なアドバイスをしてくれます。心の底から生徒を合格させてあげたいという意気込みがあり、そのような先生に指導してもらったのだから大丈夫、絶対合格できるという妙な自信が合格につながったのではないかと思います。

埼玉医科大学 進学
岸本 新一郎くん(浜松日体)

担任指導では、計画を立て実際どれくらい実現できるか比較し、修正とその反省を行いました。合格に必要な習慣を身につけるためにやっていたので、楽な方向に流れないように、先生から的確なアドバイスがあり非常に助かりました。また、時として他の生徒と比較することで、学習意欲を高めることができました。
また、化学の先生は非常に気さくな先生で、いろいろなことを相談しやすかったです。特に化学ができなかった私と、何がわからないのか一緒に考えてくれて、的確なアドバイスをしてくれました。化学が0点に近かった私が、合格までたどり着けたのは先生のおかげだと感謝しています。

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

Top