医学部入試 解答速報・過去問解答
       

2022年度入試 東京医科大学医学部 解答速報・過去問解答

YMSメールマガジン登録で解答速報全科目チェック

東京医科大学医学部2020年~2022年度までの医学部試験のYMS解答速報・過去問解答です。
医学部受験の予備校YMSの行っている解答速報は、最良の直前対策です。毎年、即時性、正確性を意識した解答速報の作成に力を注いでいます。
解答速報で復習すれば、入試がはじまってからも成績はまだまだ伸びていきます。

2022年度入試 解答速報

理科3科目に関しましてはメルマガ登録後の自動返信メール内URLをご確認ください。

数学講評

第1問[小問集合](標準)
(1)楕円の法線、(2)正十二面体(正五角形)、(3)(4)積分計算からの出題である。(1)は教科書の基本である。(2)は正十二面体ではあるものの、正五角形の問題経験があれば問題ない。(3)(4)も入試ではよくあるタイプの積分である。
第2問[数Ⅲ積分法](やや易)
速度、加速度、道のりの公式を適用するだけの問題である。(3)の積分計算も易しい。位置・速度・加速度に関する問題は出題頻度が低いので公式を覚えていたかが鍵だろう。
第3問[場合の数と確率](やや易)
教科書の延長レベルの問題である。事象も複雑ではないので、条件の見落としに注意したい。
第4問[複素数と方程式](標準)
4次方程式の解と係数の関係の問題で、自ら作ればいい。

易化傾向が続いている。日頃から基礎を怠らずに勉強しているかが問われた出題である。
一次突破ラインは65~70%程度か。

英語講評

整序問題で無駄に時間を使うと60分ではキツくなる。難易度としては昨年よりも少し易しくなったか。英語が得意な受験生なら80%以上の得点が期待されて当然。
訂正が多くて読みにくかっただろうが、訂正箇所が正解を判断するホイントになっていたので、結果的には正解を得るのは容易となった。

2021年度入試 解答速報

理科3科目に関しましてはメルマガ登録後の自動返信メール内URLをご確認ください。

※メールが届かない場合、迷惑メールに振り分けられている可能性がございます。
迷惑メールフォルダをご確認いただくか「yms.ne.jp」の受信設定をお願いいたします。

数学講評

第1問[小問集合]((1)易(2)易(3)易(4)やや易(5)標準)
昨年度と比べて全体的に易しめの小問集合であった。(1)は二重根号を外し、有理化する。(2)はオイラーの多面体定理を覚えていれば問題ないだろう。(3)は整式の割り算の基本問題である。(4)はどの問題集でも見かける問題で経験があれば難なく解けるだろう。(5)は見た目はやりにくそうだが、丁寧に微分係数を計算すればよい。
第2問[三角関数、集合](やや難)
一見やりにくそうな問題であったが、三角関数の基本周期を問う問題である。場合によっては後半は後回しでよい。
第3問[平面ベクトル](やや易)
ベクトルの内積に関する出題である。丁寧に計算を進めていけばよい。
第4問[高次方程式](標準)
相反方程式に関する式の値の出題である。解と係数の関係を用いて計算していけばよい。

例年に比べ全体的に易しくなり、昨年度のような難易度の高い問題も見られなかった。
目標は70%。

英語講評

大問構成および出題形式は昨年度とほぼ同一であった。第5問B.では昨年度に引き続き記述問題が出題され、次年度以降もこの傾向が続くものと予想される。長文は2本とも、昨今の新型コロナウイルス感染症の流行に関連した時事ものであった。
受験生諸君にとっても身近なテーマで取り組みやすく、語彙レベルも控えめであったことから、7割以上は得点しておきたいところ。

2020年度入試 過去問解答

理科3科目に関しましてはメルマガ登録後の自動返信メール内URLをご確認ください。

※メールが届かない場合、迷惑メールに振り分けられている可能性がございます。
迷惑メールフォルダをご確認いただくか「yms.ne.jp」の受信設定をお願いいたします。

数学講評

第1問[小問集合](やや難)(1)は時間をかけずに解きたい。(2)~(4)は迷ったら、後回しにして第2問、第4問を優先したい。
第2問[接線、体積]((1)易(2)、(3)標準)(2)(3)はすべて回転体の体積に関する標準的な問題である。ここは落とせない。
第3問[微積分、逆関数、定義](ア~オ標準、カキやや難、ク~ス難)定積分で表された関数の微分で、逆関数も絡んでくるので慣れていないと難しい。ア~オを確実に押さえたい。
第4問[集合、確率]((1)(2)やや易(3)標準)ベン図を正しく理解できているかを問われた問題。条件付き確率は定義だけ押さえておけば解ける問題だけに確実に処理したい。

昨年度に比べると全体的に易化した。証明(記述式)もなくなり、すべてマークシート方式となった(大問構成は4 題で昨年度と変わらず)。第2問、第4問を確実に押さえ、第1問いくつか、第3問前半を正解したい。
目標は65%。

英語講評

昨年度まではオールマーク方式であったが、本年度から記述式問題を出題する旨が募集要項にて宣言されていた通り、大問5に本文の要点を20字以内で3つ抽出する問題が新たに設置された。それ以外の出題形式は概ね昨年度と同様であるが、記述問題が新設されたのに対して試験時間は従来通りの60分間であるため、これまで以上に速読力・情報処理能力が求められる試験となった。

 


過去問解答大学一覧

ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください

03-3370-0410

        受付時間
        8:00-20:00(月~土)
        8:00-18:00(日)

お問い合わせ・資料請求      

YMSは受験技術を教えるだけでなく
「いい医者」を育てることを
目標にしています。

Top